スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの格付け、これからどうなる!?(インド経済の今後は予測できるか?)

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が「夢の市場」とまで評したインドの格付について、PIMCO社はジャンク級(投機的水準)まで転落すると予想しているそうだ。リンク先のロイターの記事によると、インド経済は10年ぶりの低成長にとどまっており、鉄鋼大手のアルセロール・ミタルとポスコが120億ドルの投資計画を撤回したことなどを受け、インドの株・債券市場から126億ドルもの資金が引き上げられて海外へ流出したという。

続きを読む»

スポンサーサイト

用語:貸倒引当金の意味は?

会計・税務の用語で貸倒引当金という単語をよく目にする。どんな意味なのかと常々疑問に思っていたので、ちょっと気合を入れて(こんなことで気合い入れるんかw)用語の意味をネットで調べてみた。

続きを読む»

住宅ローン利用予定者の意識・動向調査の結果は?

住宅金融支援機構による調査レポート平成24年度 民間住宅ローン利用者の実態調査(PDF)が公開されている。調査対象は、今後5年以内に住宅取得のための民間住宅ローン利用を予定している人で、件数は1022件。住宅取得に対する考え方、行動していること、住宅ローンの金利の動向などについて質問した結果をまとめたレポートとなっている。

続きを読む»

アフリカ諸国の企業の株式へ投資する投資信託とは?

野村アフリカ株投資なる追加型投資信託を野村アセット・マネジメントが販売している。同ファンドの交付目論見書によると、このファンドは、アフリカ諸国の企業の株式(預託証書を含む)を主要な投資対象としており、当面は主に南アフリカ、エジプト、ナイジェリア、モロッコ、ケニアの企業の株式に投資する方針とのことだ。

続きを読む»

アフリカはタンザニアへの投資、中古車輸出事業って・・・!?

タンザニアで年商300億円の事業を営む若手実業家の記事を現代ビジネスで読んだ。お名前を金城拓真氏といい、年齢は31歳。タンザニアでの中古車販売ビジネスを皮切りに、運送会社、建設会社など「40を超えるグループ企業を束ねる億万長者」なのだそうだ。

続きを読む»

日本国債価格が急落した場合にリスクヘッジできる投資信託とは?

先月5月の終盤あたりから、日本国債の金利が乱高下を続けている。このような状況の中で、日本国債に対する国内外の投資家の信用が失われることで、国債の利回りが急激に上昇する、つまり国債価格が急落すると警告している市場関係者(とくに債券投資家?)や経済学者もいる。そもそも、過去数年の国債相場がバブル状態だったとも言われているだけに、バブルが終焉を迎えて長期金利が急上昇する可能性も決してゼロではないのだろう。

続きを読む»

自動車部品メーカーの株価はどうなってる!?(定点観測)

自動車メーカーのスズキが発表した見通しによると、同社の営業利益が過去最高の1500億円に達する見込みだという。増益の要因はいくつかあるのだろうけれども、その中でも大きな要因のひとつは、ここのところの急激な円安だろう。リンク先の記事によれば、同社の鈴木修会長も、「今の為替水準は、『本当に大丈夫か』と聞きたくなるほどの円安で、今後も続くかは分からない。」と会見で語ったとか。
自動車メーカー各社は好調な業績のようだが、自動車部品メーカーの株価はどうなっているのだろうか?2013年5月9日現在の株価を、何社ぶんかチェックしてみたい。

続きを読む»

ダウ平均が再び1万5,000ドルを突破

スマホ版の「Yahoo!ファイナンス」を何気なく開いたら、ダウ平均が15,000ドルを突破していた。数日前の5月3日にも日本時間の深夜にこの大台を突破したということだけれども、なにぶん、自分が肉眼で確認したのは今回が始めて。魚拓をば、とも思ったが、せっかくの記念なので(笑)スマホ画面を写真に撮っておいた。

続きを読む»

アベノミクス、黒田日銀の「バズーカ砲」に対するコメントは?

すでに周知の通り、黒田総裁率いる日銀が、4月4日の金融決定会合でバズーカ砲とも形容される大胆な金融政策の発表を行った。ここまで過激な政策を発表すると事前に予測していた市場関係者はほとんどいなかったようで強烈なサプライズとなったようだが、昨年に安部首相が掲げたアベノミクスから連なる一連の動きについて、著名な識者がどのようにコメントしているのか?のほんの一部をメモとして調べてみたい(※ここに記載する人物の意見が正しいと考えているわけでは全くないので、予めご承知おきください。)

続きを読む»

ミャンマーに投資する方法は?

ソロス氏、ミャンマー通信免許入札に2社と共同参加というウォール・ストリート・ジャーナルの記事によると、著名な投資家ジョージ・ソロス氏が、自身のファンド「クォンタム・ストラテジック・パートナーズ」を通じ、シンガポールやジャマイカに籍を置く投資会社と組んでミャンマーの通信事業に本格的な投資を行うそうだ。同記事によると、ミャンマーの通信市場は現状では未発達ではあるものの潜在的な成長が見込まれており、ンガポールの通信大手シンガポール・テレコムのほか、インドネシアやノルウェー、インドの通信大手企業もソロス氏の競合としてこの入札計画に参加するとのこと。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

月別アーカイブ

RSSフィード

リンク

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。

なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。