マーケット・ベクトル・ロシアETF(RSX) 投資パフォーマンス報告(2016年8月現在)

(2016/09/23)

2015年1月に、ロシア株式のETF「マーケット・ベクトル・ロシアETF」(ティッカー:RSX」)を楽天証券で購入してから、1年と8か月が経過した。

RSXについて

国際分散投資を得意とする資産運用会社ヴァン・エック・グローバル社が運用する上場投資信託。マーケット・ベクトル・ロシア・インデックス(MVRSXTR)と連動することを目指して運用されている。

ロシアは資源大国なので、ルクオイル社、ガスプロム社など、エネルギー系の企業が組み入れ銘柄が多い。

続きを読む»

日本国債価格が急落した場合にリスクヘッジできる投資信託とは?

(2013/06/03)

先月5月の終盤あたりから、日本国債の金利が乱高下を続けている。このような状況の中で、日本国債に対する国内外の投資家の信用が失われることで、国債の利回りが急激に上昇する、つまり国債価格が急落すると警告している市場関係者(とくに債券投資家?)や経済学者もいる。そもそも、過去数年の国債相場がバブル状態だったとも言われているだけに、バブルが終焉を迎えて長期金利が急上昇する可能性も決してゼロではないのだろう。

続きを読む»

ダイワ日本国債ファンドとはどんな投資信託?

(2012/10/23)

ダイワ日本国債ファンドなるファンドを見つけた。とくに年配の方にも人気の毎月分配型で、その名前の通り、日本国債へ投資する投資信託のようだ。

続きを読む»

REITに投資できるETFは?

(2012/10/01)

国内、および海外のREIT(不動産投資信託)資産に投資できるETFを、いくつか、メモとしてリストアップしてみたい。

続きを読む»

ハイ・イールド債の投資信託ってイケてるの?

(2012/09/27)

モーニングスターが発表した2012年8月の純資産増加額月間ランキングでは、「野村 米国ハイ・イールド債券(豪ドル)毎月」が2カ月連続で一位となったそうだ。利回りが高いことから、米国や新興国などのハイ・イールド債券を銘柄に組み入れている投資信託が人気を集めているという。調べてみたところ、ハイ・イールド債に投資するファンドはけっこう数多く販売されているようだ。

続きを読む»

ETFの配当利回りをざっと比較してみると・・・!?

(2012/06/26)

ETF(上場投資信託)を保有することで受け取れる配当金(分配金)の利回りが気になっている投資家も多いんじゃないだろうか。とくに、ETFを長期投資に利用する場合、配当を再投資する(配当にかかる税金は支払う必要があるが)ことで複利効果も働くので、配当利回りによって結果的なリターンが大きく異なってくる可能性もある(もちろん、いくら配当利回りが良くても、ETFの価額が大きく下落したらどうしようもないけれども・・・)

続きを読む»

債券へ投資する投資信託

(2012/06/14)

債券へ投資する投資信託を探している人が増えているようだ。リスクオフの流れで、相対的に安全な資産と考えられている米国債やドイツ国債、日本国債へ資金が流れ込んでおり、債券の価格が上昇(=金利が下落)してバブル的な状況になっているためだろうか。
銀行や証券各社が、債券へ投資する投資信託の商品を販売しており、その一部をメモ程度に載せてみる。

続きを読む»

注目すべき公益事業セクターETF

(2010/11/30)

米国の投資情報サイトThe Motley Fool(英文サイト)に、「注目すべき3つの公益事業関連ETF」と題された記事が掲載されている。同記事では、失業率の高止まりや財政危機によってボラティリティが高まっている昨今の株式市場において、比較的値動きが安定しているとされる公益事業関連銘柄へ投資する手段としてのETFを紹介している。抄訳をメモしておきたい(※個人的なメモであり、誤訳が含まれている可能性もあります。あらかじめご了承ください)

続きを読む»

ETFの配当にかかる税率が20%に引き上げられるかも!?

(2010/10/23)

証券優遇税制が廃止される可能性が出てきたようだ。この証券税制を変更する計画は、政府税調専門委が打ち出した方針のようだ。もしも廃止が確定した場合、株式の配当にかかる税率が、現在の10%から20%に引き上げられることになる。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。