野村不動産HDの株価収益率、純資産倍率が低い理由を調べているが・・・

(2016/09/24)

Yahoo!ファイナンスで野村不動産ホールディングス(株)の情報をチェックしている方はお気づきかと思うが、PER(株価収益率)が10倍を割り、7.64倍となっていた。 結果として、配当利回りも3.5%を超えている。

PBR(純資産倍率)も、1倍を割って0.74倍。
競合他社と比べても低い数値なり。
教科書的な見方で言えば、野村不動産の株式はかなり割安、ということになる。

なぜ、REPここまで低くなっているのか?理由を調べているのだけど、まだ究明できておらず(^ ^;

続きを読む»

自動車部品メーカーの株価はどうなってる!?(定点観測)

(2013/05/09)

自動車メーカーのスズキが発表した見通しによると、同社の営業利益が過去最高の1500億円に達する見込みだという。増益の要因はいくつかあるのだろうけれども、その中でも大きな要因のひとつは、ここのところの急激な円安だろう。リンク先の記事によれば、同社の鈴木修会長も、「今の為替水準は、『本当に大丈夫か』と聞きたくなるほどの円安で、今後も続くかは分からない。」と会見で語ったとか。
自動車メーカー各社は好調な業績のようだが、自動車部品メーカーの株価はどうなっているのだろうか?2013年5月9日現在の株価を、何社ぶんかチェックしてみたい。

続きを読む»

製薬会社各社の株価、どうなってる!?(定点観測)

(2013/03/26)

2012年暮れからの円安・株高相場で日本企業の株価は軒並み上昇しており、製薬各社も例外ではないようだ。代表的な製薬会社数社の株価を定点観測としてメモしてみたい。

続きを読む»

ファーストリテイリング(ユニクロ)の株価、これからどうなる!?(定点観測)

(2013/03/17)

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの株価は、2013年3月15日現在、30,400円。同社の株価チャートを見てみると、2011年の東日本大震災後に株価が1万円付近まで下落しかけたものの、その後に急速に持ち直してきた様子が分かる。完全に後づけの話だけど、大震災直後にファストリの株式を果敢に買った投資家は、その後の急騰でかなりの含み益を享受したことになる。

続きを読む»

日本板硝子の株価、今後どうなる・・・!?

(2012/10/28)

日本板硝子が、北欧で稼働している自動車向けガラスの加工工場の一部を2013年末までに閉鎖すると発表したそうだ。閉鎖が予定されているのは、フィンランドのウロヤルヴィ工場とスウェーデンのウーリァ工場の2か所。閉鎖する理由としては、ヨーロッパでの自動車産業からの需要が急激に落ち込んだため、としている。

続きを読む»

ザッパラスの株価、業績は今後どうなる!?

(2012/10/22)

携帯向けコンテンツサービスのザッパラスが、ガラケーのシェアがスマホに取って替わられつつあるモバイルの市場でやや苦戦を強いられている様子だ・・・。
2013年4月期 第1四半期の決算説明資料によると、スマートフォンの月額課金会員数は順調に増加しているものの、連結での売上高が前年同期比で-16.8%減少し23億6,900万円。販売費及び一般管理費を抑制することで経費の支出は減ったようだが、営業利益が前年同期比で-21.3%減少して6億300万円。経常利益は、-21.1%減少して6億600万円、という業績となったようだ。

続きを読む»

トヨタが資産運用事業から撤退!?トヨタアセットマネジメントが三井住友アセットマネジメントに吸収合併

(2012/10/09)

トヨタグループ、資産運用事業から撤退 13年春という日経新聞の記事によると、トヨタグループが所有する資産運用会社トヨタアセットマネジメントが、同業の三井住友アセットマネジメントに2013年4月をめどに吸収合併されるとのこと。理由としては、本来の家業である自動車事業に経営資源を集中させる一環として、資産運用事業からの撤退を決断したようだ。

続きを読む»

株の取引で破産してしまう理由は?

(2012/10/01)

株で破産する状況というのは、現物の株式を普通に売買して取引しているぶんにはほとんど無いとは思うが、レバレッジを目いっぱいかけた信用取引を行ったり、借金返済の原資を株の売却益に求めてしまう場合は、ちょっと危険な香りがしてくるかもしれない・・・
株の投資で破産へ突き進んでしまう理由、というか行動パターンを、2点ほどメモしておきたい。

続きを読む»

ライフネット生命保険の保有契約数、14万件を突破!?

(2012/09/11)

ライフネット生命保険が保有契約14万件を突破したそうだ。ネット専業で生命保険ビジネスを手掛ける草分け的存在である同社は、今年6月にスマートフォン経由で保険商品の申し込みができるサービスを生命保険会社としては初めて開始。週刊エコノミスト「専門家が選ぶお勧め商品ランキング」の死亡保障部門で一位を獲得するなど評価も高く、契約者を順調に獲得してきたのだという。

続きを読む»

日清紡、クラボウ、帝人など―繊維製造業界各社の業績の推移はどうなってる?

(2012/09/10)

綿100%で洗ってもシワが残らない生地――そんな夢の綿生地「綿100%防シワ加工生地」の開発競争を国内の紡績大手2社が加速しているという。リンク先の記事によると、日清紡テキスタイルとクラボウの二社が、洗濯後にアイロンをかけなくてもシワが残らないシャツやスラックス(!)を、独自の技術で開発。実現したという。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。