ジム・クレイマー氏、CNBCの番組でドイツ銀行の破綻騒動パニック売りに言及

(2016/10/01)

モーゲージ担保証券(MBS)の不正販売による巨額の罰金を米司法省から課された経緯もあり、破綻の可能性もささやかれ、株価が10ユーロ台まで大幅に下落してしまったドイツ銀行。
歯に衣着せぬストレートな経済分析で定評のあるジム・クレイマー氏が、自身が司会を務めるCNBCの投資情報番組番組「MAD MONEY」で、ドイツ銀行を巡るここ数か月の騒動に言及している。

クレーマー氏によると、「ドイツ銀行の状況は、世間で言われているほどヤバくない。みんな、必要以上に騒ぎすぎ!」とのこと。

続きを読む»

ミャンマーに投資する方法は?

(2013/04/06)

ソロス氏、ミャンマー通信免許入札に2社と共同参加というウォール・ストリート・ジャーナルの記事によると、著名な投資家ジョージ・ソロス氏が、自身のファンド「クォンタム・ストラテジック・パートナーズ」を通じ、シンガポールやジャマイカに籍を置く投資会社と組んでミャンマーの通信事業に本格的な投資を行うそうだ。同記事によると、ミャンマーの通信市場は現状では未発達ではあるものの潜在的な成長が見込まれており、ンガポールの通信大手シンガポール・テレコムのほか、インドネシアやノルウェー、インドの通信大手企業もソロス氏の競合としてこの入札計画に参加するとのこと。

続きを読む»

北朝鮮への投資手段は、コインを購入すること!? by ジム・ロジャーズ氏

(2013/04/02)

コモディティ投資家として著名なジム・ロジャーズ氏が、北朝鮮のコインに投資しているというニュースが最近話題になった。
ロジャーズ氏の投資戦略はシンプルだ。北朝鮮という国家は、いずれ近いうちに崩壊する。崩壊して無くなった国家の金貨や銀貨を保有していれば、その価値にはプレミアムがつくはずだ―ロジャーズ氏はそのように予測しているようだ。つまり、北朝鮮の経済が崩壊する可能性に賭けて投資していることになる。

続きを読む»

米国企業の株価と配当利回り、どうなってる?

(2012/10/06)

米国の主要企業の株価、および配当利回りをざっとリストアップしてみたい。
データの出典は、2012年10月7日現在、Yahoo! Financeを参照したもの。

続きを読む»

中国からの撤退も・・・被害を受けた日系企業 ― ソニー、パナソニック、トヨタなど・・・

(2012/10/06)

中国暴動:大手損保が「特約」新規契約停止 リスク高くという報道が出ている。ここ最近の、中国での反日運動の盛り上がりにより、暴動やストライキで日本企業の被害が拡大したことを受けての措置、とのこと。すでにこの特約を契約している企業に対しては更新も受け付けるが、新規契約や、補償額の積み増しは受け付けていないという。

続きを読む»

世界の会社のランキング、見てみる?

(2012/10/06)

さまざまな経済紙やビジネス誌が、世界の企業のランキングを作成し、定期的に公表している。ランキングの視点は、売上高、利益率、時価総額など、多種多様だ。
ここでは、とくにメジャーなランキングをメモとしてピックアップしてみたい。

続きを読む»

アフリカの株式市場、どうなっている?

(2012/10/05)

3年前の2009年に、当ブログでアフリカの企業に投資できる投資信託という記事を書いたのを思い出した。アフリカの株式市場へ投資する手段が少ない状況は、この記事を書いた3年前からあまり変わっていない印象だけど、アフリカの国々にも証券取引所はあるようなのだ。

続きを読む»

バンコクのSET指数、16年ぶりの高値に!?

(2012/10/03)

ロイターの記事東南アジア株大半が上昇、バンコク16年ぶり高値によると、10月2日に東南アジアの株式市場で大半の企業の銘柄が値上がりし、タイ証券取引所のSET指数(SETインデックス)は、なんと1996年5月以来に16年ぶりの高値を付けたという。

続きを読む»

ケニアはモバイル先進国!?バイルバンキングサービス「M-PESA」も市場を急拡大

(2012/08/30)

ケニア共和国が、2024年開催の五輪誘致に立候補する予定とのこと。同国のライラ・オディンガ首相がインタビューの中で表明したもので、もしケニアでのオリンピック開催が実現すれば、アフリカでは初めての五輪開催になるのだという。そうなれば、ケニアの経済にも大きなプラスとなるに違いない。

続きを読む»

カール・アイカーン氏がナビスター社の株式への投資を積み増し

(2012/07/14)

NASDAQのサイトに掲載された記事(英文)によると、米国のアクティビスト投資家であるカール・アイカーン氏が、ナビスター・インターナショナル社(Navistar International Corp)への投資をさらに増やしたとのこと。アイカーン氏は、ナビスター社の株式を11.12%買い増しし、同社の全株式の13.19%を保有する株主となったという。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。