ブラジル企業の業績が好調―GDPにもポジティブに影響か

(2007/05/27)

ブラジルの経済成長は依然として力強いようだ。2007年5月25日付のサン・パウロ新聞によると、株式市場に上場しているブラジル企業の業績が好調で、平均実質純益が27%増加したとのこと。第1四半期の平均純利益がインフレを差引いた実質で昨年の67億9千万レアルから86億7千万レアルへと伸びたようだ。

続きを読む»

ケンミレ株式情報のコラム「株式投資で『100%負けない』方法とは」って・・・

(2007/05/27)

朝日新聞で、ケンミレ株式情報の「株式投資で『100%負けない』方法とは」というビックリするようなタイトルのコラムを見つけた。今どきでは珍しいほど直球勝負の題名なので、逆説的に銘柄選択の効果を否定するモダン・ポートフォリオ理論の話になるのかと思ったら、売買タイミングを読む株式の投資法がそのまま書かれていたので、またまたビックリ・・・。

続きを読む»

セゾン投信の投資信託「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」に興味あり

(2007/05/27)

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドという投資信託を、セゾン投信株式会社が販売している。日本国内で購入可能な従来のバンガードの投信に比べ運用報酬も手頃なので興味あり。さっそく、セゾン投信の口座開設の資料を取り寄せてみた。

続きを読む»

「ニクソン・ショック」と「金本位制」を分かりやすく理解したい!

(2007/05/26)

金本位制ニクソン・ショックの意味が、いまいち理解しきれていない。
「かつての米ドルは金にリンクしていたが、1971年に、米国がそれまでの金本位制を停止したことによって、国際金融の枠組みが大きく変化した」―経済の本を読んでいると頻繁に目にするフレーズだけど、結局、何がどのように変わったのか・・・?この事件の意味が、いくつかの資料を読んでみても、いまひとつ正確に理解できない。

続きを読む»

用語:M&Aってどういう意味?

(2007/05/26)

世界経済全体が金余り状態で、猫も杓子もM&A。フィーバーしっぱなしで、よく分からない買収案件までもてはやされている感すらある2007年5月現在。
ところで、この「M&A」という言葉、そもそも何の略称だかごぞんじでしょうか? この言葉、ニュースでも普通に目にするようになったし、このブログでも当たり前のように使っているけど、「企業どうしがくっつく、吸収合併を意味するんじゃないの?」という程度のあいまいな認識しかなく。恥ずかしながら、その用語の正確な意味を調べたことがなかった(^ ^;

続きを読む»

『敗者のゲーム』を無視したくなる衝動――なぜ、インデックスに勝てると思うのか?

(2007/05/25)

『敗者のゲーム なぜ資産運用に勝てないのか』は、私のような素人でも分かりやすく読める投資の本だ。バンガードの顧問も務める投資アドバイザー、チャールズ・エリスによるこの古典的名著には、とくに自分のような個人投資家が陥りがちな「うぬぼれ」を戒める一生ものの教訓、「実はいちばん正解なんだけど、たぶんほとんどの人が受け入れられない事実」がしたためられている。

続きを読む»

鉛の相場情報はどこで調べられる?

(2007/05/25)

商品先物市場の中でもいまいち存在感が薄いせいか、の相場に関する情報というのは、少なくとも日本語の資料はあまり見かけない。何やら環境に悪そう、イメージが地味、という漠然とした理由からだろうけど・・・環境汚染ではない工業製品への用途(例えば電池)はきちんとあるらしいし、昨年2006年から今年にかけて、鉛の価格は2倍以上に高騰しているのだ。世間一般のイメージはともかくとして、リサーチもせずハナから無視するのもどうかと。では、どのソースを当たれば、鉛に関する詳しい情報が得られるんだろ?

続きを読む»

「有事のドル買い」は通用しなくなっている!?―有事発生時の為替相場の動き

(2007/05/25)

「有事のドル買い」という用語(?)は、すっかり市民権を定着しているように思えた。9.11同時多発テロや北朝鮮ミサイル発射など、国際金融システムにダメージを及ぼしそうな「有事」が起こった時には、とりあえず米ドルを買っておけば安心・・・というのがそのココロ。自分も、この言い回しは今でも当たり前のように通用する為替の法則と思っていたが、田中泰輔氏が楽天証券のサイトに連載中のコラム為替透視鏡によれば、ドル買いが必ずしも最善の策とは言えなくなっているらしい。

続きを読む»

WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が2007年1Qの金需給レポートを発表―中国「金豚の年」特需もあり!?

(2007/05/23)

金の広報機関WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が、2007年第1四半期の金の需給レポート(PDFファイル)を発表した。世界の主要金鉱山40社の共同出資により設立された経緯から、WGCが公表する統計資料は、GFMSのレポートと並んで、ゴールドの需給分析には欠かせないデータと見なされているようだ。

続きを読む»

中国バブルを警告した香港の投資家、ヘンダーソン・ランドの李兆基氏とは?

(2007/05/23)

2007年5月21日、ヘンダーソン・ランド(恒基地産)の李兆基会長が、中国の株価を「非合理的」と一蹴しバブルを警告したとのこと。数日前からバブル加熱を懸念する記事がチラホラ出てきていたタイミングだっただけに、ちょっと出来すぎ(?)の感もあった今回の報道。ニュースの主役となった、香港の著名投資家と言われる李氏とは、どんな人物なのか?

続きを読む»

用語:物価連動債券(インフレ連動型債券)とは?

(2007/05/22)

物価連動債券とは、物価上昇率に応じて元本が調整される債券のこと。インフレ連動型債券とも呼ばれ、その名の通り、債券の安定性は確保しながら、インフレ時のリスクヘッジに対応できる投資商品だそうな。1981年にイギリスで発行開始されて以降、欧米諸国を中心に発行が増加しており、現在、市場規模では米国が最大とのこと。各政府が発行する国債と、企業が発行する社債がある(→よりマニアックな理論が知りたい方は、財務省の物価連動国債の商品設計など参照されたし)

続きを読む»

テンプルトン・エマージング・マーケット・ファンドとは?

(2007/05/22)

テンプルトン・エマージング・マーケット・ファンドは、新興株式市場へのバリュー投資で実績を上げているファンドマネージャー、マーク・モビアス(Mark Mobius)が運用するドル建ての投資信託。テンプルトン・グループの一員であり、同氏が代表を務めるテンプルトン新興市場投資信託会社のファンドだ。

続きを読む»

テーマ・インベスティング―これからの「テーマ」を見極めて投資する

(2007/05/22)

踏み上げ太郎さんのブログで、テーマ・インベスティングの効用が紹介されていた。テーマ・インベスティングとは、細かな経済指標やチャートではなく、大きなテーマ、コンセプトを最初に設定し、それに沿うような投資先を探すというアプローチ。初心者向けの投資本などでよく紹介されているので、入門的な考え方なのかと思っていたけど、世界的に有名な辣腕投資家の多くもテーマ・インベスティングの有効性を良く知っているとのこと。

続きを読む»

クウェートが米ドルペッグ制を放棄―ペルシャ湾岸の通貨統合計画に影響か!?

(2007/05/21)

世界の主要通貨に対して下落傾向にある米ドルに、また追い討ちをかけるようなニュースが・・・。ロイターの報道によると、産油国のクウェートが、米ドルペッグ制を放棄し、通貨バスケット連動制に移行したとのこと。

続きを読む»

いまや、僧侶までもが上海株式市場に投資している・・・

(2007/05/21)

中国情報局ニュースによると、2007年5月9日、上海総合指数は初めて4000を超える過去最高値をつけた。
今の上海の株式市場が本当の意味でバブル状態に突入したのかどうか、完璧に実証できる自信は自分にはまったくない。でも、主婦層のおばさんたちが証券会社に口座を開こうと殺到している写真を見て、「いや、まだバブルじゃないよ。何も心配することないよ」と言い切れる自信は、もっとない。

続きを読む»

中国政府の投資会社SIC、ブラックストーン・グループへの出資計画を表明

(2007/05/21)

中国政府が設立予定の投資会社SIC(State Investment Company)が、米国のプライベートエクイティ大手ブラックストーンのIPOに際し、30億ドルを出資する計画を立てているとのこと。国営の機関が、これほど大規模かつバブリーな投資活動を行うという事実自体が、自分にとってはとても新鮮に聞こえる。あっ、金融に詳しい方は、ズブの素人の発言と思って、何卒見逃しておくんなさいまし・・・(^ ^;

続きを読む»

ドイツは、なぜG8でヘッジファンド規制を頑なに主張するのか?

(2007/05/21)

ユーロ高を背景に経済力を増す欧州が、G8財務省会合で日米連合(?)との対立姿勢を鮮明に打ち出したとのこと。とくに議長国であるドイツは、争点となっているヘッジファンドへの規制強化を頑なに主張する姿勢を崩さなかったという。

続きを読む»

モスクワの不動産価格が急上昇!?

(2007/05/20)

モスクワの不動産価格が、富裕層の急増により上昇し続けているそうだ。モスクワ、しいてはソ連に「不動産価格」なるものが存在するとう感覚自体がなかなかイメージしづらいが、最近では「モスクワのマンションは、南仏の保養地カンヌより高くなった」!?

続きを読む»

原油高でオイルマネーの米国債買い意欲が高まる

(2007/05/19)

外国投資家による米国債買いが2007年3月に急増した主な要因は、中国やヘッジファンドに加え、オイルマネーの回帰も大きいとのこと。原油高により、石油輸出の収入で潤った産油国の資金が、米国債をはじめとするドル建て資産への投資に向けられたという。

続きを読む»

用語:「株主資本利益率」(ROE)-株主の金、効率よく使ってる?

(2007/05/19)

株主資本利益率という用語がある。英語にすると、ROE(Return On Equity)。Yahoo!ファイナンスの銘柄情報で普通に見ることができる指標だけど、財務分析には欠かせない重要なデータのようだ。はたして、どんな意味?

続きを読む»

商品先物への投資は、年金にとっての「保険」になる?

(2007/05/18)

先日のエントリー商品先物市場の上昇相場は、今後もしばらく持続するのか?で、英国の運用会社が商品先物投資を年金運用のリスク軽減のための「保険」と捉えているというロイターの記事を紹介した。一般的には投機的でちょっと「怪しい」香りもただよう商品先物取引と、年金を預かる「お堅い」運用会社。この、一見すると奇妙な取り合わせの必然性について、ちょっと調べてみたい。

続きを読む»

中国、アフリカへの投資を急拡大 ― 経済パートナーとして急接近!?

(2007/05/18)

中国が、アフリカとの経済パートナーとしての存在感を高めようとしている。2007年5月17付の朝日新聞記事によると、中国・アフリカの貿易協力が強まり、中国800社がアフリカに投資しているという。2006年末までの中国による対アフリカ投資は117億ドルに達しているそうだ。

続きを読む»

円相場:景気が良ければ円安、景気が悪ければ円高に!?

(2007/05/18)

「日本の景気が悪くなれば、円安。景気が良ければ、円高になる」―普通だったら、そのように考えるだろう。しかし、エコノミスト田中泰輔氏は、楽天証券で連載中の外国為替レポート「為替透視鏡」で、円相場が日本の景気とは反対の動きをする傾向が強いと論じている。つまり、日本の景気と円相場は、「アマノジャク」の関係にあるというのだ。

続きを読む»

投資会社トラシンダを率いるカーク・カーコリアンとは?

(2007/05/18)

ダイムラークライスラーの北米部門クライスラーの買収を最終的に勝ち取ったのは投資ファンドのサーベラスだが、今回の買収劇では、他にも名乗りを上げていた会社が複数ある。そのうちの一社が、投資会社トラシンダ(Tracinda Corporation)だ。同社を運営する著名投資家カーク・カーコリアン(Kirk Kerkorian)氏は、過去にクライスラーの筆頭株主だったこともあるそうで、何やら因縁の深い人物らしい。

続きを読む»

ヘッジファンド業界で働く人々のハードな実態・・・

(2007/05/17)

先日、ヘッジファンド投資に対する誤解と幻想というエントリーを書いたが、ヘッジファンドという組織で働く人々の生態(?)や境遇について、投資銀行で働かれている方が「ヘッジファンドの巣窟にて」というタイトルで生々しく綴っている記事を見つけた。正直、ここまでとは思わなかった・・・。

続きを読む»

金ETF、東証でも大証でも、早いところ上場しておくれ~

(2007/05/17)

金価格に連動するETF(上場投資信託)を大証が4月をめどに上場させる予定というニュースを今年1月に読んで、胸を躍らせた。さらに、東証が金価格連動の上場投信を検討しているという2007年2月4日付のニュースを読んで、さらにちょっとワクワク。東証は、「早ければ今夏の実現をめざす」とのこと。

続きを読む»

投資顧問会社バンガード社のCIOインタビュー

(2007/05/17)

インデックス・ファンドの老舗投資顧問会社バンガード社でCIOを務めるポール・ヘラー氏のインタビューがZDNetに掲載された。CIO(Chief Information Officer)とは、企業内の情報システムや情報の流通を統括する責任者の役職を指す。企業の中では重要なポジションだ。

続きを読む»

ユーロ高を受けて、欧州の投資家は日本の株式市場をどう見ている?

(2007/05/17)

ユーロが対円で史上最高値を付けて、欧州勢は日本の株式市場をどのように見ているか?―欧州の投資家の動向に関する、国際金融コンサルタント草野豊己氏のインタビューを読んだ。歴史的なユーロ高により、日本株のパフォーマンスは停滞気味だという。

続きを読む»

対米証券投資 米国への資金流入は減少してません?

(2007/05/17)

「対米証券投資」という、米国財務省が発表している指標がある。米国への資金フローを確認する上での需要指標だ。 対米の資金流入が増えた、減った、というのは断片的にニュースで読むことはあるが、「では、数年間の推移をチャートで見たらどうなるんだろう?」とふと思いついて探してみたら、過去発表の米国経済指標のチャートがあった。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。