変動型個人向け国債の利率が、国債暴落時にわが身を助く!?

(2008/03/31)

金利変動型の個人向け国債が、国債価格暴落時のリスクヘッジとなる可能性について、『貞子ちゃんの連れ連れ日記』で論じられている。この記事も、貞子さんが書かれている他のエントリーと同様、投資について自分が今までに持ち得なかった着眼点のヒントを提供してくれてとても勉強になる。

続きを読む»

新日鐵の株価は高いか安いか!?

(2008/03/27)

新日鉄の株価も、他の銘柄と同様、米国株式市場の下落に伴って苦戦を強いられているようだ。2006年から2007年にかけての上昇相場では、出来高ランキングでトップの常連となり、新興国の旺盛な需要に支えられて株価が200%以上もの伸びを示した同社だが、今はどんな感じなのだろうか・・・。

続きを読む»

FXY - 円高の時のリスクヘッジに!?通貨ETF

(2008/03/20)

FXYという通貨ETFが、橘玲氏の著作『賢者の海外投資術』で紹介されていた。自分は初めて名前を目にしたのだけれど、果たしてどんなETFなのか?

続きを読む»

用語:ソブリン・ウエルス・ファンド(SWF)とは?

(2008/03/12)

シティバンクへの資金供給を行ったUAEのアブダビ投資庁など、サブプライム・ローン問題でにわかに注目を浴び始めた政府系ファンド(ソブリン・ウエルス・ファンド)。略して SWF と呼ばれ、日本でも設立の是非が喧々諤々で議論されている国家運営ファンドだが、具体的にはどのような内容のものを指すのか?

続きを読む»

バフェット氏の米国経済見通し ― 「米国はすでに景気後退入りしている」

(2008/03/09)

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が、「米国は景気後退入りしている」との見解をテレビインタビューで述べたという。バフェット氏の言うことだからといって何から何まですべて正しいなどと言うつもりは毛頭ないけど、経済の見通しに関してこれまで明晰な洞察を加えてきた同氏の意見には少しは耳を傾けるべきかと。

続きを読む»

RMBSとは?― サブプライムローン問題のキーワード

(2008/03/09)

日経新聞に、RMBS (米住宅ローン担保証券)など、トリプルAの格付けを持つ優良証券の価格が流通市場で下落し、史上最低の水準まで落ち込んでいるとの記事が掲載された。金融機関からの融資返済の要求に応じるため、ヘッジファンドなどが資産の切り売りを余儀なくされていることが原因だという。

続きを読む»

ピーター・リンチで有名なマゼランファンド、10年ぶりに販売を再開!?

(2008/03/04)

いつもながら出遅れで恐縮だが、フィデリティ(Fidelity)の旗艦ファンドであるマゼラン・ファンドが、約10年ぶりに販売を開始したというニュース記事をロイターで見つけた(記事は今年1月のもの)。著名なファンド・マネージャーのピーター・リンチ氏が運用していたことから多大な人気を集め、1997年に新規の投資受け入れを停止していたのだとか。

続きを読む»

iSharesのETF EAFE(EFA) とは?

(2008/03/02)

MSCI EAFE インデックス・ファンド(ティッカー:EFA)は、iSharesが出しているメジャーなETFのひとつ。国際分散投資には欠かせないビークルであり、自分もお世話になっているこのファンドについて、その具体的な内容をご紹介してみたい。

続きを読む»

シャープレシオの計算方法は?

(2008/03/01)

シャープレシオに関する解説と計算方法が、マネックス証券のページに掲載されている。ファンドに限らず、価格が変動する金融商品に投資する際には必ず計算しておきたいこの指標。用語の意味、役割について、ちょっと復習してみたい。

続きを読む»

金価格の予測 ― 識者(?)の方々はどう予想しているか?

(2008/03/01)

金価格の相場が世界各国の市場で高騰し、最高値に達している。需要に対する供給が逼迫していたり、投機的な資金が流れ込んだりと、さまざまな要因に左右されている相場だが、今後、どのように動いていくのか?予測のヒントとなるソースを2点ほど見てみる。

続きを読む»

インフレ連動債を組み込んだ投資信託ってあるの?

(2008/03/01)

スタグフレーションに関するエントリーでもちらっと触れたが、物価上昇時に資産を保全するための有効な対策のひとつとして考えられるのが、インフレ連動債への投資だ。この種の債券を組み込んだ投資信託について、ちょっと調べてみたい。

続きを読む»

スタグフレーションの対策法ってあるのか・・・?

(2008/03/01)

FRBのバーナンキ議長は、スタグフレーションの可能性をきっぱり明確に否定したみたいだけど、そこかしこで、スタグフレーションに関する言及を見かけるようになった。過去には、1970年代に米国を苦しめたという、このやっかいな景気後退。もし現実となった場合、我々個人が取れる対策って何かあるのだろうか・・・?

続きを読む»

IVVとSPYの比較 ― どちらのETFを買うべき?

(2008/03/01)

IVVSPY は、どちらも米国の株式市場のインデックスに連動する ETF だ。国際分散投資のアセット・アロケーションについて語られる際には必ずといってよいほど話題に上る定番中の定番、超スタンダードな商品だけど、このふたつ、実際のところはどこがどのように異なるのか?特長、違いのポイントを比較してみた。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。