21世紀のスタグフレーション - 過剰流動性こそが主犯格!?

(2008/06/28)

いつも切れ味の鋭い考察を展開され、自分も愛読している貞子さんのブログに、日銀の金利引き上げへの転換が世界の資源バブルを鎮圧する。という記事がアップされている。見出しを読んだ瞬間、「えっ、日銀の利上げが・・・!?」とビックリさせられるが、いつもながら、マクロ経済の複雑な問題を噛み砕いて説明されている。自分のような経済の素人でも分かりやすく読むことのできるコラムだ。

続きを読む»

ベストな高配当ETFの選び方

(2008/06/28)

高配当ETFの代表格「DVY」の価格が値を下げている。2008年6月28日現在、ついに50ドルの大台を割って、49.70ドルになってしまった。このETFの構成銘柄は金融株の比率が高いので、今回の下落は当たり前といえば当たり前ともいえるが・・・。ちょっと気持ち的にショボンとしている折、ベストな高配当ETFの選び方とは?という非情にタイムリーな記事を見つけてしまった(笑)

続きを読む»

RICI - ロジャーズ国際商品(コモディティ)指数とは

(2008/06/22)

RICI (ロジャーズ国際商品指数)とは、世界中を旅した経験を持つ冒険投資家ジム・ロジャーズ氏が開発した、商品に連動することを目的としたインデックスだ。この指数は、世界の商品先物市場をカバーしており、数十の銘柄で構成されている。

続きを読む»

カルパースなどの年金の資金が商品市場に流れ込んでいる件

(2008/06/21)

米国カルパースなどの年金基金が積極的に商品(コモディティ)市場への投資を行っているようだ。長期投資を大前提としている年金が原油などの商品に投資するのは、インフレに対するリスクヘッジなどが目的とされているが・・・このような資金の流入が世界的な資源高に拍車をかけ、人々に「迷惑」をかけている実態にも着目する必要がありそうだ。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。