ホテル「トレジャーアイランド」をMGMから購入した実業家フィリップ・ラフィン氏とは?

(2008/12/23)

カジノを運営する米国大手MGMミラージュが、景気悪化を乗り切るための資金確保を目的にラスベガスのカジノホテル「トレジャーアイランド」を7億7500万ドルで売却したとのこと。この不動産の買い手として名乗りを上げたのが、フィリップ・ラフィン氏なる実業家が経営する投資会社ラフィン・アクイジションだ。

続きを読む»

貨物航空大手アトラス航空(Atlas Air)のビジネスとは?

(2008/12/23)

米国Yahoo! Financeの記事Top 10 for 2009(2009年の株式銘柄トップ10)の著者は、来年2009年に有望な銘柄として割安になっている小型株をリストアップしている。そのリストに含まれているのが、貨物航空ビジネスを営むアトラス航空(Atlas Air)だ。

続きを読む»

ロシアのガスプロム、ウクライナへのガス供給停止を警告か・・・!?

(2008/12/23)

ロシアの政府系天然ガス企業ガスプロム(Gazprom)のメドベージェフ副社長は、ガス料金の滞納を理由に、ウクライナへのガス供給を来年から停止すると警告しているようだ。アパート住まいの若い学生やサラリーマンが、「料金払えずガス止められちゃった」という話はたまに聞くけど、まさか、国家が料金滞納でガスを止められてしまうとは・・・(^ ^;

続きを読む»

米国不動産(REIT)市場の下落に賭けて、利益を上げる方法!?

(2008/12/20)

Morningstar.comに、Four Sectors to Avoid, Sell, or Short with ETFsなる記事が掲載されている。日本語に訳すと、「投資を見送るか、売却するか、ETFを空売りすべき4つのセクター」とでもなるだろうか。このコラムで挙げられている4つのセクターのひとつが、REIT。不動産セクターだ。米国の投資サイトでは、不動産マーケットについてこんな意見も述べられているという、ひとつの参考記事として意訳メモを残しておきたい。

続きを読む»

PIMCOのCEO、モハメド・エルエリアン氏とはどのような人物?

(2008/12/20)

米国の債券運用大手PIMCO(パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー)モハメド・エルエリアン(Mohamed A. El-Erian)CEOが、今回のFRBの緊急利下げに対して、「極めて大胆な対応」と評価しているとのこと。同氏は、FRBが迅速に金融緩和に踏み切ったことで日本の二の舞は避けられると読んでおり、FRB経済の安定に向けてあらゆる手段を尽くすことを明確に宣言していると指摘している。

続きを読む»

ジョージ・ソロスのヘッジファンドの最新ポートフォリオは!?

(2008/12/19)

米国の投資情報サイトSeeking Alphaに、ジョージ・ソロスが運営するヘッジ・ファンドの最新の保有ポートフォリオに関する記事が掲載されている。ソロス氏のファンドソロス・ファンド・マネジメント(Soros Fund Management, LLC)は、主にマクロ経済のトレンドを分析して投資を行う著名なヘッジファンドだ。

続きを読む»

減産、減産、また減産・・・

(2008/12/18)

ここ数週間、朝の寝起きにポストから日経新聞を開くと、毎日毎日、暗いニュースの見出しばかりがズラリと並んでいてさすがに気が滅入る。実体経済が変調をきたしているのはまぎれもない事実なのだろうけれども、このような報道を毎日のように目にすることで、現実以上に不況感が醸成されてしまうのではないか・・・。まあ、それはさておき、毎日のように新聞で見かける見出しが「減産」に関するもの。国内外を問わず、工場での生産休止だの、産出量を減産しただのといった記事は本当に多いが、Googleニュースで検索にかかったものを、とりあえずいくつか引用してみたい。

続きを読む»

2008年に最も上昇したのは、チュニジアの株式市場!?

(2008/12/14)

BusinessWeekの記事The Best and Worst of Everything 2008(日本語にすると、「2008年の良かった出来事・悪かった出来事」という感じか・・・)によると、2008年に最もパフォーマンスが良かったのは、チュニジアの株式市場なのだそうな。

続きを読む»

レッグ・メイソンのビル・ミラー氏が運用するファンドも低調・・・

(2008/12/12)

米国Yahoo! Financeの記事によると、投資会社レッグ・メイソン(Legg Mason)の伝説的なファンド・マネージャーであるビル・ミラー(Bill Miller)氏も、昨年からの市場環境の急変で損失をこうむっているとのこと。

続きを読む»

米国の悲惨な雇用情勢 「あなたが知っておくべきこと」

(2008/12/06)

先日に発表された米国の11月の雇用統計では、非農業部門の雇用者数が前月比で40万人以上減少するとの見方が出た模様。アメリカの雇用情勢は依然として予断を許さない状況が続いているようだ(・・・と、いま出回っている新聞報道のようなネガティブな言い回しをしてみるw) 米国Yahoo! Financeのコラムに、現在の雇用統計のレポートから把握しておくべきことに関するトピック(英文)が掲載されている。

続きを読む»

「投機バブル 根拠なき熱狂」の著者ロバート・シラー氏のインタビュー記事!

(2008/12/05)

著書「投機バブル 根拠なき熱狂」で、米国の行き過ぎた住宅バブルに以前から警告を発していたロバート・シラー(Robert Shiller)氏。イェール大学経済学部で教授を務めるこの賢明なエコノミストへのインタビュー記事住宅バブル崩壊の予言者が激白!が、ダイヤモンド・オンラインに掲載されている。ナシーム・ニコラス・タレブ氏が「まぐれ」で言及していたシラー教授の発言とのことで、興味深く拝読した。

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。