日本板硝子の株価、今後どうなる・・・!?

(2012/10/28)

日本板硝子が、北欧で稼働している自動車向けガラスの加工工場の一部を2013年末までに閉鎖すると発表したそうだ。閉鎖が予定されているのは、フィンランドのウロヤルヴィ工場とスウェーデンのウーリァ工場の2か所。閉鎖する理由としては、ヨーロッパでの自動車産業からの需要が急激に落ち込んだため、としている。

続きを読む»

韓国の国債の利回りをチェックする方法は?

(2012/10/23)

韓国の国債の利回りは、日本語サイトであれば国際投信投資顧問の世界各国の金利のページ、英語サイトであればTrading Economicsのページなどで最新のチャートをチェックすることができる。

続きを読む»

ダイワ日本国債ファンドとはどんな投資信託?

(2012/10/23)

ダイワ日本国債ファンドなるファンドを見つけた。とくに年配の方にも人気の毎月分配型で、その名前の通り、日本国債へ投資する投資信託のようだ。

続きを読む»

ザッパラスの株価、業績は今後どうなる!?

(2012/10/22)

携帯向けコンテンツサービスのザッパラスが、ガラケーのシェアがスマホに取って替わられつつあるモバイルの市場でやや苦戦を強いられている様子だ・・・。
2013年4月期 第1四半期の決算説明資料によると、スマートフォンの月額課金会員数は順調に増加しているものの、連結での売上高が前年同期比で-16.8%減少し23億6,900万円。販売費及び一般管理費を抑制することで経費の支出は減ったようだが、営業利益が前年同期比で-21.3%減少して6億300万円。経常利益は、-21.1%減少して6億600万円、という業績となったようだ。

続きを読む»

社債のこと知りたい! エルピーダ、東北電力、ソフトバンク

(2012/10/21)

個人投資家でも社債への投資に興味を持っている人が増えているようだ。社債に関連して、とくに最近注目を集めた企業のトピックをメモとして整理してみたい。

続きを読む»

ロイヤル・ダッチ・シェルの業績、株価は今後どうなるのか?

(2012/10/20)

ロイヤル・ダッチ・シェル(Royal Dutch Shell )が、ベトナムでの事業から撤退すると発表したそうだ。リンク先の日刊ベトナムニュースの記事によると、撤退した主な理由は、シェルブランドの使用済み空ボンベが違法ガスの販売に悪用され、偽造ガスが国内市場に広く流通してしまったためだという。同社は、ベトナムへ出資している持分の全額をタイのサイアムガス社へ売却することで撤退を完了する。

続きを読む»

マネックス証券、ロシアルーブル建ての社債販売開始!?

(2012/10/19)

自分が口座を持っているマネックス証券はネットを活用したマーケティングに非常に力を入れている様子で、毎週のように投資情報や新しい金融商品の紹介メールが届く。で、今日(2012年10月19日)は、「【初登場!】ロシアルーブル建社債<年利率6.18%(税引前) 期間3年6ヶ月>のご案内」という件名のメールが届いた。ロシアルーブル建の社債を、マネックス証券としては初めて取り扱うのだそうだ。

続きを読む»

投資用不動産ポータル「ノムコム・プロ」で収益物件を検索してみた

(2012/10/18)

投資用不動産・収益物件情報の情報源として、最もメジャーなポータルサイトのひとつがノムコム・プロ(nomu.com/pro)だろう。同ホームページは野村不動産アーバンネットが運営しており、売りに出されているマンション(区分/一棟)、アパート、店舗・事務所、ビル、工場・倉庫など様々な種別の投資用物件情報が満載で、予算や利回り、築年数、エリアなど、さまざまな条件を組み合わせて柔軟に検索することも出来る。ネットでの評判もなかなか良いみたいだ。

続きを読む»

中国の大手保険会社の株価、業績はどうなる?

(2012/10/16)

【中国産業データ&リポート】最新業界動向 8月の保険料収入というSankeiBizの記事によると、今年8月の中国における保険料収入は、前年同月比12.3%増の1141億元(約1兆4200億円)となり、保険業界の収益は昨年秋から少しずつ持ち直しているという。この調査結果は、中国保険監督管理委員会の保険業経営統計という機関がまとめたもの。

続きを読む»

就業不能保険の必要性を最も痛感しているのは、やはり医療関係者!?

(2012/10/14)

ライフネット生命保険が提供している「働く人への保険」、累計新契約件数が2万件を突破したそうだ。この保険商品は2010年2月に発売され、その後は順調に契約者を獲得。同社の東証マザーズへの上場などにより世間一般での知名度が格段に向上したことで、加入者の増加に弾みがついたとのこと。

続きを読む»

マンハッタンの集合住宅の賃料、2006年のピーク値に迫る勢いで上昇!?

(2012/10/12)

米マンハッタン集合住宅賃料がピークに迫る-9月は10%上昇というブルームバーグの記事によると、ニューヨーク市の雇用情勢の改善により、集合住宅の家賃が、ピーク時をわずか2.1%下回る水準にまで上昇しているそうだ。

続きを読む»

トヨタが資産運用事業から撤退!?トヨタアセットマネジメントが三井住友アセットマネジメントに吸収合併

(2012/10/09)

トヨタグループ、資産運用事業から撤退 13年春という日経新聞の記事によると、トヨタグループが所有する資産運用会社トヨタアセットマネジメントが、同業の三井住友アセットマネジメントに2013年4月をめどに吸収合併されるとのこと。理由としては、本来の家業である自動車事業に経営資源を集中させる一環として、資産運用事業からの撤退を決断したようだ。

続きを読む»

東京建物、ハイブリッド証券発行による資金調達を予定

(2012/10/07)

準大手不動産デベロッパーの東京建物が、ハイブリッド証券を発行して総額360億円の資金を調達すると発表したそうだ。ハイブリッド証券とは、劣後債、永久債、優先株など、資本と負債の中間的な性格を持つ資本と負債の両方の性格を持っている証券のこと。
リンク先の日経の記事によると、今回、東京建物が発行するのは、劣後特約付きのローン320億円ぶん、劣後特約付き社債40億円ぶん、だそうだ。同社が公表したIRリリース資料では、これらはハイブリッドファイナンスと記載されている。

続きを読む»

高利回りの外貨建てMMFは?

(2012/10/07)

楽天証券で、日興(ニッコウ)の米ドル建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)の取り扱いを始めたようだ。運用は、SMBC日興インベストメント・ファンド・マネジメント・カンパニー・エス・エイ。
驚いたのは、その利回り。2012年10月1日時点で、0.161%もあるそうだ。ゴールドマン・サックスの米ドルMMFの利回りが0.007%となっているから、かなりの高利回りと言えるだろう。

続きを読む»

国民年金保険料の後納制度、損か得(トク)か!?

(2012/10/06)

日本年金機構から、「国民年金保険料の納付可能期間延長のお知らせ」の資料が郵送で届いた。これが、いわゆる国民年金の後納制度というもの。リンク先のサイトを詳しく読んで初めて知ったのだけど、後納できる期間は限定されてるのね。期間は、2012年10月1日から2015年9月30日までの、ちょうど3年間。

続きを読む»

米国企業の株価と配当利回り、どうなってる?

(2012/10/06)

米国の主要企業の株価、および配当利回りをざっとリストアップしてみたい。
データの出典は、2012年10月7日現在、Yahoo! Financeを参照したもの。

続きを読む»

中国からの撤退も・・・被害を受けた日系企業 ― ソニー、パナソニック、トヨタなど・・・

(2012/10/06)

中国暴動:大手損保が「特約」新規契約停止 リスク高くという報道が出ている。ここ最近の、中国での反日運動の盛り上がりにより、暴動やストライキで日本企業の被害が拡大したことを受けての措置、とのこと。すでにこの特約を契約している企業に対しては更新も受け付けるが、新規契約や、補償額の積み増しは受け付けていないという。

続きを読む»

世界の会社のランキング、見てみる?

(2012/10/06)

さまざまな経済紙やビジネス誌が、世界の企業のランキングを作成し、定期的に公表している。ランキングの視点は、売上高、利益率、時価総額など、多種多様だ。
ここでは、とくにメジャーなランキングをメモとしてピックアップしてみたい。

続きを読む»

ノルウェー国債の格付け、どうなっている?

(2012/10/05)

ノルウェー地方金融公社が発行する債券の利回りに関する記事を、約2年前の2010年10月に当ブログで書いた。この記事では、ノルウェー地方金融公社の2011年4月26日満期の債券について、利率が年5.00%となっている。では、その後、利率がどうなったかを調べてみると、2013年2月27日に満期償還日を迎える債券では、税引き前の利率が年4.63%。2年前よりも、利回りは下がった=債券の需要は高まった(?)ことになる。ちなみに、この債券の格付けは、ムーディーズがAaa、S&PがAAAを付与している。今のご時世にしては、格付けのランクはだいぶ高い部類に入っているような気がする。

続きを読む»

アフリカの株式市場、どうなっている?

(2012/10/05)

3年前の2009年に、当ブログでアフリカの企業に投資できる投資信託という記事を書いたのを思い出した。アフリカの株式市場へ投資する手段が少ない状況は、この記事を書いた3年前からあまり変わっていない印象だけど、アフリカの国々にも証券取引所はあるようなのだ。

続きを読む»

厚生年金基金の廃止の影響は?年金はどうなる!?

(2012/10/04)

当ブログの読者の方であればすでにご存じかと思うが、厚生労働省が厚生年金基金を廃止する方針を発表した。

積立金が不足している基金が多いことは以前から指摘されており、厚労省が制度の廃止に踏み切るのも時間の問題と言われていたけれど・・・廃止を決めた理由として、厚労省はAIJ投資顧問の年金消失事件にすべての原因を押し付けていると見ているブログ記事もあり、運用失敗の責任の取り方として、その方向性は果たしてどうなのか・・・。

続きを読む»

バンコクのSET指数、16年ぶりの高値に!?

(2012/10/03)

ロイターの記事東南アジア株大半が上昇、バンコク16年ぶり高値によると、10月2日に東南アジアの株式市場で大半の企業の銘柄が値上がりし、タイ証券取引所のSET指数(SETインデックス)は、なんと1996年5月以来に16年ぶりの高値を付けたという。

続きを読む»

株の取引で破産してしまう理由は?

(2012/10/01)

株で破産する状況というのは、現物の株式を普通に売買して取引しているぶんにはほとんど無いとは思うが、レバレッジを目いっぱいかけた信用取引を行ったり、借金返済の原資を株の売却益に求めてしまう場合は、ちょっと危険な香りがしてくるかもしれない・・・
株の投資で破産へ突き進んでしまう理由、というか行動パターンを、2点ほどメモしておきたい。

続きを読む»

REITに投資できるETFは?

(2012/10/01)

国内、および海外のREIT(不動産投資信託)資産に投資できるETFを、いくつか、メモとしてリストアップしてみたい。

続きを読む»

中小企業の退職金の相場は?

(2012/10/01)

東京都産業労働局が、「中小企業の賃金・退職金事情」という調査結果を毎年公表しているのをご存じだろうか。都内の中小企業の賃金等の実態を明らかにするため、都内の中小企業(従業員が10人~300人未満)を対象に、「初任給、平均賃金、実在者賃金、モデル賃金については毎年、労働時間、休日・休暇等については隔年で」調査して公表している。

続きを読む»

「日銀短観」の意味を知っていますか?

(2012/10/01)

9月の日銀短観で製造業3四半期ぶり悪化したとの記事が出た。中国をはじめとする世界経済減速の影響を受けて外需の製品需給が悪化したほか、国内の個人消費も振るわなかったのだそうだ。

さて、日銀が公表している「日銀短観」。定期的に報道され、自分も当たり前のように読んでいたけど、この「日銀短観」とはどのような意味があり、その見通しは、誰が観測しているものなのだろうか?

続きを読む»

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。