フィンランド地方金融公社 債券の高い利回り

(2008/02/17)

日経新聞に安藤証券が出している広告に、フィンランド地方金融公社なる公社の債券が紹介されていた。何気なく目にしたのだけど、その利回りがなんと6%を超えており・・・。豪ドルやNZドル建てで起債された債券らしいけど、はたしてどんな金融商品なのだろうか?

ブルームバーグの記事フィンランド地方公社が豪ドル建て割引債-安藤証によると、フィンランド地方金融公社が2月1日から売り出した豪ドル建てディスカウント債の売出人は安藤証券。ユーロ市場で発行され、日本国内の投資家に販売されるとのこと。

ちなみに、安藤証券が公表しているフィンランド地方金融公社債の紹介ファイル(PDF)を読むと、その利回りは、2008年2月16日現在、豪ドルベースで6.466%。米ドルやユーロのMMFと比較すると、依然として魅力的な金利だ。また、ムーディーズの格付けではAaa、S&PからもAAAを付与されているとのこと。ちなみに、同公社は法人組織で、フィンランド金融機関法下の金融機関として営業しているそうだ。
この債券、額面通りに受け取れば魅力的な商品だ。しかし他の金融商品と同様、さらに綿密な勉強が必要なのは当然だろう。例えば、そもそもフィンランド地方金融公社ってどんな公社なの?とか・・・。

うーむ、いかんせん、まだこの債券に関する情報が少ない・・・。ネットで探してみると、JACK株日記さんサラリーマンの蓄財日記さんのブログでチラッと触れられているものの、全体量としてはまだ十分ではないような気が・・・。がどこかで情報を入手する機会があれば追記したいと思います。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。