グロソブの手数料、どのくらい取られるのか?

(2008/02/26)

グローバル・ソブリン・オープン、略して グロソブ 。先進国の政府機関が発行するソブリン債を投資対象とし、月次で分配金が支払われることで人気の「毎月決算型」など、様々なタイプがある投資信託。「日経マネーブログ」では「国民的金融商品」と表現され、莫大な資金を集める人気金融商品だが、その手数料はどのくらいなのだろうか?

グロソブの運用にかかる諸々の手数料については、「為替王」さんの記事グロソブ保有者の注意点がやはり参考になるだろう。
グロソブは、運用総資産額が5兆円を超える巨大ファンドに成長したが、その手数料は、依然として高水準だという。

グロソブを購入したときに支払う申込手数料は、税込で1.575%。100万円あたりに換算すると、1万5,750円。
毎年、預けている総資産額から一定の割合で徴収される信託報酬は、税込で1.3125%。100万円あたり、13,125円。

確かに、株式インデックスファンドなどと比較しても、この手数料は割高に思える(ましてや、iSharesが提供するETFなどは、お手ごろすぎて、もはや同じ土俵では比べる気にすらならない・・・)
為替王さんも、「グロソブ1,000万円購入されている方は、その10倍、5年で100万円、10年で200万円、20年で500万円の収益機会が手数料(申込手数料+信託報酬)により損なわれていると思って下さい」と述べられているが、さもありなん。これだけ高率の手数料を支払うということは、運用期間が長期に渡れば渡るほど、リターンに大きく響いてくるので不利になるのでは・・・??

グロソブへの投資に興味のある方は、ブログ「ファンドの海」さんの記事だれにでもグロソブを勧めるのもどうかと思うなああたりも、購入前にぜひご一読を。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。