シャープレシオの計算方法は?

(2008/03/01)

シャープレシオに関する解説と計算方法が、マネックス証券のページに掲載されている。ファンドに限らず、価格が変動する金融商品に投資する際には必ず計算しておきたいこの指標。用語の意味、役割について、ちょっと復習してみたい。

同マネックス証券のページによれば、シャープレシオとは、「リスク1単位あたりのリターンを示した指標」のこと。これはつまり・・・「リスクに見合うだけの利益を、どれだけまっとうに効率よく上げているか?」を示す指標、と解釈してよいのかしらん?となれば、この値が大きいほうが、運用パフォーマンスはすぐれているといえる(もちろん、現実世界では他の要素も加味する必要があるけれど)
シャープレシオの計算方法は、【超過収益(超過リターン)÷年率リスク】で求められる。ここでいう超過収益とは、「リスク資産から得られた儲け」のこと。つまり、運用リターン全体から、定期預金など無リスク資産から得られた利益を差し引いた数字ね。

当然だが、同じ程度のリスクを取っているのであれば、儲けが大きいほうの金融商品を選びたくなるのが人情というものだろう。ローリスク・ハイリターンの投資対象なんてほとんどあるわけがないが、それにしても、同じ利益を稼ぐなら、リスクは小さいほうがよいに決まっている。リスクあたりのリターンが小さければ、「これだけ危ない橋渡ってるのに、儲けはたったこれっぽっっちかよ!しょぼいな~」となるだろう。

ちなみに、このページでもしっかり説明されているけれど、「リスク」という言葉は、「不確実性」を意味する。えてして「下落する危険度」「悪い方向へ行く危険度」といった形で、何かしらネガティブな可能性を示す場合に使われがちな言葉だが、厳密には、ポジティブな方向に振れる場合の変動性も含めた不確実性の度合いを示す言葉なのだ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。