FXY - 円高の時のリスクヘッジに!?通貨ETF

(2008/03/20)

FXYという通貨ETFが、橘玲氏の著作『賢者の海外投資術』で紹介されていた。自分は初めて名前を目にしたのだけれど、果たしてどんなETFなのか?

このETFは日本の証券会社では扱っていないらしく、ネット上でも日本語のソースは少ない。仕方がないので英語のページを調べてみる。
Yahoo! Finanaceの解説ページによると、FXYの正式名称は、「CurrencyShares Japanese Yen Trust」。円/ドルの為替レートに連動するETF(上場投資信託)だ。日本円の預金から上がる利息が利益の源泉となる。FXYを購入することで、投資家は日本円の為替マーケットに効率的に投資することができる。なお、当ファンドは、円の通貨に一極集中するため分散投資はされない。

つまり、円の価値が上昇して円高になれば、取引価格も上昇するというわけだ(逆に、円安のときには株価は下がる)

橘氏によれば、FXYは為替リスクのヘッジに活用することが可能だという。
「このETFは円/ドルレートに連動するので、円高で株価が上昇し、円安で下落する。ポートフォリオの一部でFXYを保有していれば、円高による為替差損を防ぐことが可能だ」

これ、今のように急激な円高のときには、FX投資家のポジションをカバーしてくれる格好の商品ではないかしらん・・・。
ここ1年くらいの円高で、FXに大きなレバレッジをかけて相場を張っていた個人投資家が大火傷したという話も聞く。為替が万が一反対の方向に振れたときに備えて、このような金融商品も買っておいてリスクヘッジしておけば、急な円高のダメージも軽減されたのかもしれない。まあ、後付けでは何とでも言えるのだけれど・・・(^ ^;

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。