ウォーレン・バフェットのイチオシは、やはりインデックス・ファンド

(2007/05/07)

バークシャー・ハサウェイのオーナーであるウォーレン・バフェット氏が、一般の投資家にインデックスファンドへの投資を熱心に薦めている話は以前から有名だが、その方針がいま現在も変わらないことが、大半の投資家、インデックスファンドの利用が賢明=バフェット氏というロイターの記事から見て取れる。

『ウォーレン・バフェット氏は6日、自分は依然として主要市場の株価指数をアウトパフォームできると考えているが、大半の投資家は低コストのインデックスファンドに投資する方が賢明だとの認識を示した。

バフェット氏は、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N: 株価, 企業情報 , レポート)(BRKb.N: 株価, 企業情報 , レポート)の年次株主総会の翌日に開いた記者会見で「コストが非常に低いインデックスは、アマチュアが運用する資金や専門家が運用する資金の大半に勝るだろう」と語った。』

バフェット氏がここまでしつこく言うことだから、しっかり心して聞かねば(笑)

コスト意識、コスト意識、コスト意識。
株式を頻繁に売買すれば、手数料がかさむ。アクティブ運用の投資信託を買えば、バカ高い運用報酬が取られる。
有能なファンド・マネージャーに当たればラッキーだが、その確率は泣きたくなるほど低い・・・。
自分が投資する際には、コスト意識に敏感になるべし。自分の経験からも分かるが、このことは、当たり前のようだけど、意識し続けるのはけっこう死ぬほど難しい。

ところで、バフェットおじさん、「自分は依然として主要市場の株価指数をアウトパフォームできると考えている」とハッキリと自信をもって言い切っている。すごい自信・・・。
有言実行を前提とするならば、こんなことを明言できてしまうのは、プロの投資家の中でも、ほんの一握りなんじゃないだろうか・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

バフェットからの手紙 - 「経営者」「起業

買ったら一生うらない。その会社の株を買うことはその会社の一部を所有すること。すばらしい。この価値観はデイトレードを否定する。我々は社会に付加価値を生み出すことでしか、いきていけないと思う。バフェット本人の言葉で彼の企業経営に対する考え方、哲学がよくわかる

竹田和平氏の投資哲学

竹田和平氏は、「旦那」として企業の株式に長期投資する日本きってのバリュー投資家として名を知られた人物。ウォーレン・バフェット氏の投資手法にも似た、竹田氏の独自の投資哲学...

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。