マネックス証券、ついに米国ETFの取り扱い開始か!?

(2008/08/15)

インデックス投資で著名なブログの記事で、マネックス証券がついに米国 ETF および株式の取り扱い準備に入っていることを知り、ちょっと驚いた。海外ETF の販売に関しては、マネックスは、なぜか(?)楽天証券などと比較して後手後手に回っている印象が強くて、ここ数年はもうあきらめるしかないのかな・・・と後ろ向きに考えていたからだ。

では、どんな内容の ETF を購入することができるようになるのだろうか?
さっそく、マネックス証券のサイトのプロモーションページを読んでみる。

見出しには、「お待たせしました!米国株式いよいよスタート」とある。う~む、確かに、ずいぶんお待たせされたなあ・・・(^ ^; まあしかし、マネックスのスタッフの人も、それだけ待ち望まれたサービスであることを痛いほど認識していたからこそ、このようなタイトルをつけたのだと思う。

そして、気になる取り扱い銘柄
すでにおなじみのiShares 「EFA」(アイシェアーズ MSCI EAFEインデックス)や「EEM」(MSCI エマージングマーケットインデックス)をはじめ、韓国やメキシコ、南アフリカなど、国ごとのインデックスに投資するシリーズ。また、リーマン・ブラザーズUS アグリゲート・インデックスに連動することを目指し、米国の投資適格債券市場全体に投資する「AGG(アイシェアーズ リーマン 債券総合)」、米国短期債に投資する「SHV」、コモディティインデックス「GSG」など。正直なところ、自分にとっては期待以上の品揃えで、一覧を見ていてちょっとうれしくなってしまった・・・。
とくに債券系の ETF は、他の証券会社ではちょっと取り扱い銘柄のバリエーションに物足りなく感じていたので、本当に期待したいところ。

後発という焦りをじゅうぶんに感じるし、スタートダッシュでなんとか挽回しよう、というマネックス証券の意気込みが、ひしひしと伝わってくるラインナップと思ふ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。