リーマン・ブラザーズが破産法適用申請の見通し(ついに清算か・・・諸行無常)

(2008/09/15)

ロイターの報道によると、米投資銀行の大手リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが、ついに破産法の適用を申請するかもしれないとのこと。バンカメが交渉のテーブルから立ち去り、最後の頼りだったバークレイズ銀行による買収交渉も決裂しかかっており、清算の可能性が一気に高まったようだ。

ああ、諸行無常・・・。
もう2年ほど前のことだけど。当時は自分の職場が六本木ヒルズだったので、リーマン・ブラザーズで働く人々とよくすれ違ったのだけど、どの人も仕立ての良いダーク・スーツを着て、高そうな革靴をはいて、羽振りがよい感じだった。日本人に交じって、アメリカ人やインド人も多かったな~。理工系の人も雇って数理計算とかもさせていたのかな。
当時は金融の事情をよく知らなかったので、「株とか債券の取引で儲けてるんだろうな~」となんとなく思っていたんだけど、いま考えると、彼/彼女らの仕立てのよいスーツは、サブプライムローンの証券化商品を売ってガッポガッポ儲けた金で買われていたのかな・・・。当時は、この会社が数年後に破産法を適用するかもしれないなんて、ヒルズで働いていた人々は想像すらしなかったんじゃないか・・・。
しかし、実際に、リーマン・ブラザーズは存亡の危機に立たされている。たぶん、タレブ氏の言う「ブラックスワン」がこの投資銀行に襲いかかったんだ。

外国株ひろばの記事によると、仮にリーマン・ブラザーズが消滅した場合、リーマンを相手方とする仕組み債は全て、その価値が「紙切れ同然」になるリスクがあるという。う~む、なんとかデリバティブ市場の混乱が冷静に収束すればよいけど。ウォール街がパニックになって連鎖的に他の証券会社までおかしくなってしまわないことを祈るばかりか・・・。

欧米主要金融機関などは14日午後、リーマン・ブラザーズ向けのデリバティブ(金融派生商品)取引を手じまうための緊急取引を行った模様。損失の連鎖を防ぐために、他の金融機関も必死だ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

木村剛氏が危惧する、リーマン・ブラザーズ破綻の日本への影響とは・・・?

経済評論家の木村剛氏が、リーマン・ブラザーズの破たんが日本の企業に及ぼす影響について、リーマン破綻が上場企業の突然死を招くという記...

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。