米国の金融業界はAIGを救えるのか?それとも・・・!?

(2008/09/17)

玄人向け(?)ブログ グラの相場見通しさんの記事のコメント欄で、保険最大手AIGに関するショッキングな記述があったので、メモとして残しておきたい。ブログ作者のnobinobiさんいわく、「業界でLEHが救えなかったということはAIG、WBを救えないということ。それは、米国の金融システムがinsolvent」だというのだ・・・。

米国の金融システムそのものが、insolvent。
「insolvent」とは、「一文無しの」「無一文の」「破産した」という意味らしい・・・。
自分は会計の知識に乏しく各企業の財務諸表を読み取ることができないので、後追いで検証することはできないのだけど(^^;、金融システム全体が「無一文の」という表現でくくられるというのは、よほどヤバい事態なのだろう・・・。

nobinobiさんは、以前からAIGの財務状態を鋭く分析して「うんこの輪切りの詰め合わせ」と的を得たコメントを書かれていたが、まさかここまでひどい事態に陥って会社自体が存亡の危機に立たされるなどとは、さすがに思いもよらなかったようだ。

格付け会社のムーディーズとS&Pは両者とも、AIGを容赦なく格下げしたらしい。これを受けて、AIGは、支払い義務を果たすために、145億ドルもの金を用意する必要に迫られた可能性があるという。格下げによって同社との取引のリスクが増加する恐れがあり、取引先から追加担保の差出を要求されるためだ。

では、なぜAIGの経営危機が、ここまで大騒ぎされるのだろうか?
正直なところ自分にも正確な事情は分からないが、上記リンクのニュース記事によると、「AIGは世界の企業のリスクに対する保険」も扱っており、「同社が経営破たんすれば世界の金融システムを揺るがすことになる」という。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。