ペトロブラス、ブラジル沖で新油田を発見するも株価はさえず・・・!?

(2008/10/04)

BRICs投資で脚光を浴びたブラジルの国営石油会社ペトロブラス(PBR:NYSE)が、先月9月の中旬に、ブラジル沖の深海で大規模な油田を発見したと報じられた。この油田発見のニュースに反応する形で同社の株価は一瞬反発して上昇したものの、再び下落に転じているみたいだ・・・。

ペトロブラスの業績がネットでも盛んに称賛され、投資家たちの注目を集めるようになったピークは、確か昨年の半ば過ぎあたりだったと記憶している。BRICsをはじめとする新興国のエマージング市場への投資が盛り上がっていた時期だ(別に、これからもまた盛り上がるかもしれないけど)

例えばNBOnlineは、2007年11月29日付の記事で、石油超大国ブラジルの衝撃というインパクトのある見出しの記事で、同ペトロブラスが「怪物級の油田」を発見したと報じている。この油田発見を受けて、ブラジルのダシルバ大統領は、「我が輝けるブラジルは“至高の神”の寵愛を賜った。だから我らが国営石油会社に祝福が舞い込んだのだ」と称賛したらしい。まあ、確かに、油田は人間の努力で作れるものではなく、自然が生み出すもので運に任せるしかないわけだから、神からの祝福ととらえるのも分からなくもないが・・・。

ちなみに、「ユーロダラーリの投資戦略ブログ」さんの記事によると、ジョージ・ソロス氏がペトロブラス株をファンドの株式・ADRポートフォリオの22%を占めるほど大量に保有しているという。一社の株式が2割を占めてしまうのは、かなり大胆というか、よほどの確信が持てない限り組めないポートフォリオだろう。
リンク先のブログの管理人の方は、このソロス氏の投資判断に難を示しているが、自分もそんな感じが・・・。原油価格が必ずしも上昇せず、下落傾向にある現時点では、いくら世界有数の有望な石油会社とはいえ、ペトロブラスの株式に集中投資する戦略は、ちょっと腰が引けちゃう(^ ^; ソロス氏のことだから、相場が予想と反対の方向に振れることも十分に織り込み済みで、ヘッジする作戦は立てているのだとは思うけど。

<スポンサーリンク>

トラックバック

ソロス氏のペトロブラス買い

Soros Hedge Fund Bought Petrobras Stake Worth $811 Million(Bloomberg)  ソロス氏がペトロブラス株をファンドの株式・ADRポートフォリオの22%を占めるほど大量に保有しているそうです…。ソロス氏は間違った投資判断をした気がするのは私だけでしょうか。  ペ?...

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。