米銀大手ワコビア救済 ― シティが買収の独占交渉権を獲得!?

(2008/10/05)

米国の大手銀行ワコビアの買収を巡って各行が交渉を繰り広げている件について、シティグループが独占交渉権を獲得したようだ。ニューヨーク州地裁判事が、シティ以外の金融機関とのM&A交渉を行わないよう、ワコビアに対して命じたらしい。

シティに独占交渉権=米銀大手ワコビア買収-NY地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081005-00000036-jij-int

ん・・・このニュースの件、事実関係がちょっと複雑になってきているような(^ ^;

東京新聞が2008年10月4日付けの朝刊で報じたところによると、ワコビアはウェルズ・ファーゴが買収することに決定し、シティとの合併話は白紙になったという記事が出ている。この記事によると、ウェルズ・ファーゴは、ワコビアの銀行業務だけではなく、証券部門などを含む同行全体を買収する意向だという。ここでは、シティの出番はすでになくなっているはずなのだが・・・。

う~む、上記のYahoo!トピックスの記事は、時事通信が本日10月5日の14時53分に配信したものだから、東京新聞の記事よりは明らかに新しいはずでは・・・?
ということは、いちどシティの合併話が白紙になりかけたが、シティがニューヨーク地裁に働きかけて、自行の法的な権利を再度主張した、ということになるのだろうか。地裁判事の命令に従うとなれば、ウェルズ・ファーゴは、ワコビアとの交渉をこれ以上続けられないということになる。

結局のところ、事実関係はどうなっているのだろう。自分の日本語の読解力が弱いせいで、ニュース記事を読み違えているのだろうか・・・??
なんだか、複雑な展開になってきたな・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。