J-REIT(リート) ニューシティ・レジデンス投資法人が民事再生法を申請とな・・・

(2008/10/09)

東証で上場されている REIT (不動産投資信託)を手がける投資法人に初の破たんが発生した模様。ニューシティ・レジデンス投資法人が、総額1123億円の負債をかかえて、東京地裁に民事再生手続きの開始を申し立てたそうだ。これを受けて、東証は、11月半ばにこの法人が手がける REIT を上場廃止することを決定したらしい。

上場リートが初破綻 ニューシティ・レジデンス投資法人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081009-00000597-san-bus_all

ニューシティ・レジデンス投資法人は、2004年9月に設立された不動産投資信託。南青山や西麻布、銀座、原宿など、東京都内でも一等地に株式会社ニューシティプロパティサービスが保有する同名の賃貸マンション「ニューシティ・レジデンス」への投資をポートフォリオの中核に据え、資産運用は外資系企業に委託していたようだ。この REIT の投資方針のページを読む限りでは、「物件の価値を維持・向上させることによる稼働率及び賃料の維持・向上を目指す」ことによって、運用資産からの収益リターンの最大化を狙っていたという。

その株価だが、2007年5月に、およそ75万円という最高値をつけたが、その後は下落の一途をたどっている。2008年10月9日現在の株価は71,000円。同法人が発行している投資口約18万口は、金融機関のほか、外国人投資家、個人投資家など、幅広い層が保有しているという。

運用利回りも通常の株式よりも高く、東京都内の不動産プチバブル(?)と連動して数年前は人気を集めていたJリート。この投資法人の破たんをきっかけに、しばらくは逆風が吹くか・・・。ただ、もし仮に健全な REIT を見つけだすことができれば、投げ売られたバーゲン価格で仕込むチャンスなのかもしれないけど・・・。投資はやはり自己責任で。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。