ストリート・トラックス(streetTRACKS) 200 ― オーストラリアに投資する ETF

(2008/10/11)

オーストラリアの株式市場もここのところの金融危機のあおりを受けて下落しているようだが、オーストラリア市場レポートという記事によると、IMFが発表したオーストラリアの成長率は比較的堅調になりそうとのこと。そんなオーストラリアに投資する手段として、ステート・ストリートが手がける「ストリート・トラックス(streetTRACKS) 200」という ETF(上場投資信託)がある。

同社の商品説明(PDF)によると、このオーストラリア初となる ETF は2001年に設定され、同市場におけるETFの主力銘柄になっているとのこと。同ファンドは、オーストラリア株式市場のベンチマークである「S&P/ASX 200インデックス」(オーストラリア証券取引所に上場している企業のうち、時価総額の高い上位200社)を構成する全ての銘柄を保有しており、オーストラリアの株式市場で上場されている銘柄の90%への投資が可能となるという。

オーストラリアに対する投資といえば、ここ数年の資源バブルで金利の高かった豪ドル通貨、債券への投資がメインの印象があるが、じつは株式市場もしっかり整備されている。今回の世界的な株安でもちろん下落はしているものの、豪州準備銀行(RBA)による7年ぶりの政策金利の利下げ、国内インフラ整備への投資の活発化(内需の拡大)などの要因により、株式の取引は盛んに行われているようだ(内需が今後も順調に拡大するようであれば、同国への投資を検討する際の大きな判断材料になると思う)

streetTRACKS 200は、日本国内では、野村証券や日興コーディアル証券で取り引きが可能だ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。