ノックイン型投資信託への投資で、地域金融機関に多大な損失の可能性が・・・

(2008/10/18)

VMaxの投資ブログさんに、ノックイン型投資信託の実態に関する記事が掲載されており、大変勉強になった。同記事では、主に外資系証券が私募で販売するノックイン型投信に投資していた地域金融機関が、今回の日経平均株価の暴落で損失を被ったという報道を引き合いに出し、同種の金融商品の問題点について考察されている。

そもそも、地方の金融機関がこぞって購入していたノックイン型の投資信託とは、どのような商品なのだろうか?

exBuzzwordsの解説によると、ノックインとは「あらかじめ定めた水準(株価水準等)を下回ること」を指すのだそうだ。で、ノックイン型の投信というのは、単純化して言ってしまうと、「ノックインするかどうか」に賭ける金融商品のこと。該当する投信の例としては、「一定期間に日経平均株価がXXX円を下回らなければ(もしくは、XXX%の下落幅にとどまれば)高利回りの配当を受け取れるが、XXX円を一度でも下回ったら、日経平均の動きに連動したリターンになるか、元本割れする可能性もある」という条件の商品が挙げられる。

自分の個人的な理解では、これはつまり「日経平均がXXX円以上を保ったら、あんたの勝ち。ただし、下回ったら、あんたの負けだ」という賭けをしているということではないか?
上述のVMaxさんも、ノックイン投信について、「アウト・オブ・ザマネーのプットオプション売りポジション」と説明されている。また、このような金融商品は、「証券会社の利益スプレッドがたっぷり乗ったデリバティブ」であり、例えば日経平均オプションなどのような、通常の公開市場で取引されるデリバティブと比べると、証券会社に利益を抜かれるぶんだけ、リターンが不利になると喝破されている。

日経平均株価が上昇基調にあるときには、このような金融商品も魅力はあるだろう。しかし、いまのような暴落の局面でノックイン投信に投資することは、それなりにハイリスクな投資判断であり、購入する側(つまりは「お客」)が損する可能性が高い、という常識的な認識を金融機関も持つ必要があるだろう。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。