アイスランドのカウプシング銀行が本当に債務不履行(デフォルト)・・・

(2008/10/27)

アイスランドの大手銀カウプシング銀行が発行したサムライ債がデフォルトに陥ったらしい。春山昇華さんのブログ記事で知った。平時であればインパクトが大きいけど、今のように世界的に経済がパニック状態になっていると、「あ、あそこもか」と意外にもあっさり受け流してしまうような「重大ニュース」。ここのところ、毎日のようにそんな報道を目にするようになった・・・。

アイスランド国有化銀行が債務不履行
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081027-00000043-yom-bus_all

カウプシング銀行は、本日27日付けで、猶予期限を迎えていた円建て外債(サムライ債。2006年10月発行された第1回債)の利払いを見送った。
ブログ福岡 早良街道日誌の記事によると、このサムライ債の利払い期日は、今月10月20日だったそうだ。しかし約束の期日が来ても金は支払われず、猶予期間の7日間が過ぎた結果、契約上の債務不履行(デフォルト)となったらしい。

カウプシング銀行は、今月9日に政府管理下に置かれ、国内預金は完全に保護されると表明されたばかり。その通りになった。海外からの資金は保護の対象にはならないのだ。この銀行は、国有化されたにも関わらず、サムライ債の利子を支払うことができなくなったということになる。
上記のYahoo!ニュースの記事にもあるとおり、これはまさしく、リーマン・ブラザーズ債の破たんに続く「異例」の事態だそうだ・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。