ドバイの経済は、あきらかにバブルなのでは・・・?

(2008/11/08)

アラブ首長国連邦(UAE)ドバイの経済はバブルではない・・・大手の港湾管理会社ドバイ・ポーツ・ワールドのムハンマド・シャラフCEOが、日経フォーラム「世界経営者会議」でこのようにコメントしたそうだ。ドバイは、新興国を中心とする(おそらく石油の?)需要増で成長を続けており、金融システムも安定しているという。はたして、ドバイの経済は本当にバブルではないのか・・・?

そもそも、バブルとは何か?この言葉に対する定性的かつ世界標準的な定義が存在しないので話がややこしくなりがちだけど、ドバイのいまのイケイケぶりは、「常識的」な観点からすれば、明らかにバブルなのではないだろうか?で、膨らみすぎたバブルは、いつか必ず崩壊するのでは?

必然性もなく800mの高さのある高層ビルバージュ・ドバイ。ヨットハーバーに隣接する巨大なレース場。裕福であるがために、労働意欲を喪失した若者たち。クルマのナンバープレートに数億円という値段がつく異常なマーケット・・・これだけの無意味かつ成金趣味の金満現象が蔓延しているにも関わらず、それでも、「ドバイはバブルではない」と言い張る価値観は、いったい何なんだろう?少なくとも、自分の感覚では理解することが難しい。

前述のムハンマド・シャラフ氏が望む傾向ではないかもしれないけど、絶好調だったはずのドバイ経済に異変が生じ始めているという記事も報じられている。ドバイ経済の急成長をけん引してきた株式市場、および不動産市場が、両方とも下落に転じているというのだ。また、銀行間取引にも深刻な問題が発生しているらしい。そして、追い討ちをかけるような原油価格の下落・・・。
金融危機で世界中の投資家の資産が急激に目減りしているのだから、「投機」目的でドバイに投じられた資金が引き揚げられるのは、当然といえば当然かもしれない。そもそも、ドバイには山っ気のあるカネしか集まっていないんじゃないか。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。