東京金の相場予測にも役立つ!? 元祖、金の調査レポート

(2007/05/13)

金の相場や需給に関する調査結果をまとめた伝統的な(?)資料、ロンドンのゴールドフィールズ・ミネラル・サービス社(GFMS)の調査レポートが、今年でちょうど発刊40周年を迎えるとのこと。GFMSの精緻なレポートは、東京金の相場はもちろん、世界各国の市場を読み解く際に参考になるレポートとして重宝されている。

同レポートの40周年を記念して、GFMSは、「2007: 40 Years of the Gold Survey(2007年:40年にわたる金の調査)」というスペシャル・ブックをPDFで公開している。

このPDFでは、調査レポートおよび金の市場の沿革の歩みが読めるほか、毎年のレポートの表紙の画像一覧も掲載されていて壮観。掲載されている文章の最後は、「40年間変わらないのは、統計データを真摯に探求する姿勢だ。インターネットはずいぶん便利だけど、やはり足で回る調査にはかなわない」という、かなり自信に満ちた言葉で締めくくられている。さすがは、「金のバイブル」と呼ばれ、投資家のみならず、実需でゴールドを仕入れる必要がある人々にも信頼されている統計調査レポートだ。

GFMSの最近の調査レポートの概要を日本語で読みたい方は、金市場の動向~GFMSの需給報告から~などのページを参照してください。

<スポンサーリンク>

トラックバック

WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が2007年1Qの金需給レポートを発表―中国「金豚の年」特需もあり!?

金の広報機関WGC(ワールド・ゴールド・カウンシル)が、2007年第1四半期の金の需給レポート(PDFファイル)を発表した。世界の主要金鉱山40社の共同出資により設立された経緯から、WGCが公表する統計資料は、GFMSのレポートと並ん

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。