ピーター・ティール氏のクラリウム・キャピタル・マネジメントも運用益で苦戦

(2008/11/09)

PayPalの共同創業者であるピーター・ティール(Peter Thiel)氏が運用するヘッジファンドクラリウム・キャピタル・マネジメント(Clarium Capital Management)は年平均7%もの好調な運用成績を上げてきたが、ここのところの世界的な金融危機でさすがに運用益にダメージを負っているようだ。IT系報道ブログのTechCrunchが伝えている。

同記事によると、クラリウムは、今年に入っても6月までは58%のリターンを確保していたとのこと。しかし上半期に入ってから掛け金が焦げ付き、10月だけで氏のファンドは18%下落。「今年の利益は全部飛んでしまった」という悲惨なパフォーマンスだそうだ。他のヘッジファンドに負けじとばかり、ティール氏のファンドも、資金を借り入れてレバレッジをガンガン効かせた投資を行っていたようだ。で、その資金の8割を、「例えば10年国債と30年国債の利回りといった、複数の債券の利回りのスプレッドまたは差が拡大すると予想する場合に投資家が採るポジション」に投じていたという。

Bloomberg.comの記事中で紹介されている、ストックホルムの金融関係者のコメントによれば、クラリウムは、ことさら大きなリスクを取っていたことで有名だという。「ファンドの運用成績がよい時期に限れば、投資家は過度に楽観的になるんだよね~・・・」この人物は、そんなふうにも付け加えている。

ちなみに、ピーター・ティール氏は前述の通りペイパルの共同創業者として有名だけど、1996年にティール・キャピタル・マネジメントというマルチストラテジー・ファンド(複数の戦略を組み込んだファンド)も立ち上げている。で、ペイパルの事業を立ち上げてIPOによって持ち株を市場で売却したのちに即座に設立したのが、グローバル・マクロ・ファンドである「クラリウム」なのだそうだ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。