商品ファンド「ダイワ・コモディティインデックス・ファンド」を買いたいが・・・

(2007/05/13)

大和証券がダイワ・コモディティインデックス・ファンドという投資信託を取り扱っている。同商品のサブタイトル(?)は、「ジム・ロジャーズ世界探検記」。そのものずばり、ジム・ロジャーズ氏が設定するロジャーズ国際コモディティ指数と連動するファンドだ。

『「RICIポートフォリオ」を通じて行なう商品先物取引による運用にあたっては、RICI(ロジャーズ国際コモディティ指数:Rogers International Commodity Index)の構成品目とその構成比率にできるだけ近似した商品先物ポートフォリオを構築し、RICIの動き(円換算)を反映した投資成果をめざします。 』

そもそも、私はロジャーズ氏の書籍「商品の時代」を通して、(まともな意味での)商品取引市場の存在を初めて認識した。
それまでは、商品先物というと怪しげでネガティブなイメージしか持っていなかったが、テクニカルなチャート分析ではなく、商品ごとのファンダメンタルズ(需給関係や生産地域の世相・経済情勢など)を執拗に見ることを強調するロジャーズ氏の論旨は、自分にとってはけっこうカルチャー・ショックだったわけで・・・。

そんなロジャーズ氏が考案した指数と連動するファンドなので、ちょっと興味を引かれている。ただ、買付単価が高いんだよなあ・・・。「500万円以上1円単位」とのことで、これは今の自分にはちょっと手が出ましぇん(涙)

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。