ノルウェー政府年金基金 ― ノルウェーの政府系ファンド(SWF)

(2009/03/11)

石油の輸出により外貨準備を蓄えた国の一国、ノルウェーのノルウェー政府年金基金(The Government Pension Fund of Norway)は、近年に世界経済の重要なプレイヤーとされる政府系ファンド(SWF)の先駆者的存在として知られているそうだ。ノルウェー政府ファンドの透明性というオフィシャルな紹介ページによると、同国の石油収入の運用を目的とする政府投資ファンドは、ヨーロッパ最大規模の資産を有しており、高い透明性と倫理性を堅持することを重視しているという。

ノルウェーの政府系ファンドも、今回の金融危機ではダメージを被ったようだ。BBCの記事によると、世界的な株価の急落により、2008年には多額の損失を計上したという。金融システムを襲ったクレジット危機、流動性の危機が主な要因のようだ。同ファンドのファンド・マネージャーに支払われる給料も、昨年に比べるとガクンと減らされそうな勢いだそうな・・・。

また、Bloombergの記事Norway Oil Fund Shrank 23% Last Year on Stock Plungeによると、ノルウェーのSWFは、2008年の資産の下落だけで、12年前に同国の石油収入を運用し始めてから獲得してきた利益を帳消しにしてしまったという。ノルウェー政府が運営する2つのファンド(投資先が国内とグローバルで分かれている)の片割れである「ノルウェー政府年金基金 - グローバル」の投資資金は、同国の中央銀行が発表したところによると、2008年に23パーセント減少したとのことだ。ポートフォリオに照らし合わせると、保有する株式の時価総額の41パーセントを失ったという。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。