コモディティ ETF ― iSharesの「GSG」ってどうなの?

(2009/03/24)

iSharesの ETF S&P GSCI コモディティー・インデックス・トラスト(ティッカー:GSG)は、日本国内の証券会社で購入でき、コモディティへ手軽に投資できる現状では数少ない ETF のひとつだろう。同ETFはニューヨーク証券取引所に上場されており、2009年3月24日現在の純資産総額はおよそ6億6200万ドル。コモディティへ投資する ETF としては、かなり規模が大きく流動性のあるほうなんじゃないか。運用報酬は0.75%。

この ETF は、その名の通り、ゴールドマン・サックスが作成する商品指数S&P GSCI コモディディ・インデックスに連動することを目的として運用されている。GSのサイトで公開されている同指数の構成比率(2009年3月23日現在)を見ると、エネルギー(原油や天然ガスなど)が67.41%、農産物(小麦やとうもろこし、大豆など)が16.67%、畜産物(牛肉や豚肉)が5.75%、などとなっている。

今後、農業の分野が世界的に発展が見込まれていることを考慮すると、農産物の比率がもう少し多くてもよいのでは、と考えてしまうけど・・・それはおそらく素人判断なのだろう、ということで自重。

ちなみに、このS&P GSCIは、3種類のリターン指数があるという。
ひとつめは、「スポット・リターン指数」と呼ばれ、商品先物市場での価格をそのまま素直に反映したもの。ふたつめの「エクセス・リターン指数」は、商品先物市場で行われる限月取引のロール(限月が近づいたときに次の新しい限月に乗り換えること)を指数算出に反映したもの。そして3つめの「トータル・リターン指数」とは、取引所に預けている証拠金の金利収入を反映したものだという。
以上、ちょっと耳慣れない用語が出てきたので、初心者のメモとして。

なお、S&P GSCIに連動する投資信託としては、iSharesのGSGのほかに、ETFではないが野村コモディティ投信2なども出ているようだ。こちらの信託報酬は、1.3125%(税抜1.25%)なり。あとは投資家各々がいろいろ調べて比較するのがよろし。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。