農業ETF ― PowerShares DB アグリカルチャー・ファンドとは?

(2009/04/08)

農業ビジネスに投資する ETF について、ちょっと調べてみたところ、メジャーどころとしては、PowerShares DB アグリカルチャー・ファンド(DBA)という ETF があるようだ。

「DB」というのは、ドイツ銀行(Deutsche Bank)の略称だろう。この ETF は、ドイツ銀行グループが開発した商品(コモディティ)指数であるDeutsche Bank Liquid Commodity Indexに連動することを目的として設計された上場投資信託とのこと。同指数は、トウモロコシ、小麦、大豆、砂糖といった、流動性が高く世界中で幅広く取引されている農作物の先物取引価格から構成されており、農業セクターのパフォーマンスを出来るだけ正確に反映することを意図しているという。

さて、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場されているこの農業 ETF 「DBA」のパフォーマンスは、Yahoo! Financeのページでチェックすることができる。ここ1年間(2008年5月~2009年4月)の値動きを見る限りでは、その基準価額は、約10ドルほど下落している・・・。よく考えてみたら、昨年は、世界中で穀物をはじめとする農産物の価格が跳ね上がり、一部の地域では暴動にまで発展したのだ・・・。気の早い経済評論家は、すわインフレかと大騒ぎしていたし、コモディティの相場も、過熱気味だったのだ・・・。

商品バブル(!?)の熱もさめてひと段落、世界の農業関連ビジネスが今後どうなるかは神のみぞ知るだけど、個人的には、これからも有望なのではないかと思っている(もちろん、各自の投資判断は自己責任でお願いします!)
ETFは、特定のセクターに投資する際にも有効に使える金融商品だから、この PowerShares DB Agriculture Fund も、日本の証券会社でも購入できるようになったら詳しく調べる価値はあるかもしれない。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。