FacebookのCOO シェリル・サンドバーグ氏は、過去にGoogleの収益化に大きく貢献した人物!?

(2009/05/27)

ロシアの投資会社デジタル・スカイ・テクノロジーズ(Digital Sky Technologies)による2億ドルの出資が決定したFacebook(フェースブック)。世界各国の意欲ある投資家たちから注目を集めている同社のCOO(最高執行責任者)を務めるシェリル・サンドバーグ氏は、もともとはGoogleでAdSenseやAdWordsの収益モデルの礎を築いた実績を持つそうな。

サンドバーグ氏の経歴については、ITmediaのFacebook、Google幹部を新COOに任命という記事で紹介されている。
この記事によると、米財務長官の首席補佐官を務めた経歴も持つサンドバーグ氏がGoogleに入社したのは、2001年のこと。グローバルオンラインセールス&オペレーション担当副社長として、アドワーズやアドセンスのセールスチャンネル開拓に当たったという。いわずもがなだが、AdWordsとAdSenseからの売上は、Googleが稼ぎだしている巨額の収益のほとんどを占める。いわば、同社のほぼ唯一の(?)「大黒柱」とも言うべき収益源であり、このビジネスの開拓に当たったサンドバーグ氏の、Googleに対する貢献というのは、それはもう、すごいものがある・・・(というよりも、AdWordsのチャネル開拓に失敗していたら、Googleはここまで時価総額の大きな企業にはなっていなかったかもしれない)

踏み上げ太郎さんの昔のブログ記事グーグル シェリル・サンドバーグの転出によれば、上のような華やかな実績を持つサンドバーグ氏とFacebookを引き合わせたのは、エレヴェーション・パートナーズのパートナーであるロジャー・マクナミー氏だという。エレヴェーション・パートナーズといえば、U2のボノも共同創設者に名を連ねる、著名なプライベート・エクイティ。エレヴェーション・パートナーズがFacebookへ出資していた関係から、マクナミー氏は、フェースブックのズッカーバーグCEOより依頼を受け、サンドバーグ氏を紹介したのだという。

なんともまあ、縁は異なもの(!?)ですな・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

グーグル秘録 完全なる破壊 2/7~検索エンジンのマネタイズ

検索市場の優位性をカネに変えるには? グーグルは検索技術を他のウェブサイトに提供し、収入の一部を受け取ることにした。技術の利用者を広げるとともに、利用の対価を手にするためだ。最も大きな契約が成立したのは、2000年6月、ヤフーの公式の検索エンジンに採用されたのだ。この地位を獲得するため、グーグルはヤフーに370万株分のワラントという莫大な対価を支払った。それにもかかわらずヤフーはホームページ...

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。