東京スター銀行の円定期「優遇金利定期預金」、預金者はどのくらい「優遇」される?

(2009/06/13)

東京スター銀行が、優遇金利定期預金という円定期の預金商品を展開しているようだ。期間限定の金利アップのキャンペーンではなく、定期預金の金利を定常的にアップしているらしい。この預金コースで口座を開設する顧客は、東京スター銀行にどのくらい「優遇」されているのだろうか?

この定期預金を利用できるのは、スターワン口座をすでに利用しており、国内居住の個人の顧客。100万円以上からの新規資金で利用が可能となるそうだ。

同行のWebサイトに記載されている優遇金利定期預金の金利データによると、2009年6月14日現在、「1年もの」で年利1.10%(税引き後で0.88%)、「3年もの」で年利1.30%(税引き後は1.04%)、「5年物」で年利が1.50%(税引後で1.20%)となっている。

「1年もの」の定期預金だと、500万円を預け入れた場合の受取利息合計は複利計算で44,121円と試算されている。1年ものの預金でもこれだけの利息が返ってくるということは、昨今の世知辛い経済情勢を考えると、単純に金利だけを見れば、お得な定期預金ということになるだろう。
ただ、ひとつの銀行の利息だけではなく、他行の定期預金と比較したうえでじっくり検討したほうが良いかも。いまは、口座獲得キャンペーンで割と高い利息を提示している銀行がいくつかあるっぽいので。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。