ロイター・ジェフリーズCRB指数に連動するコモディティ ETF

(2009/06/15)

ロイター・ジェフリーズCRB指数((RJ/CRB)とは、商品取引所で取り扱われているコモディティの先物価格に基づいて算出されるインデックスであり、世界の商品市況の動向を把握するうえで重要な指数とみなされている。

リンク先のジェフリーズ証券の解説ページ(英文)によると、CRB指数は50年もの間、「世界のコモディティ市場の評価基準として幅広く認知されて」おり、洗練された算出法をもって、客観的かつ正確に反映するようデザインされているという。

同指数は、1957年に、コモディティ・リサーチ・ビューロー社(Commodity Research Bureau)により、28品目の商品の価格を反映するインデックスとして開発された。その後、資産クラスの中のコモディティのパフォーマンスを測定するための重要な指数として継続的に改良が加えられ、時代の趨勢で卵やジャガイモといった銘柄がインデックスから除外される一方、天然ガスやニッケルなどが新たに加えられていった(CRB構成銘柄の変遷は、ジェフリーズ社のサイトで公開されているPDFファイルで閲覧できる)そして、2005年の実に10回目の修正時に、現在の「ロイター・ジェフリーズCRB指数」という名称になったのだそうな。

で、このCRB指数に連動した商品 ETFとしては、リクソーETF コモディティーズ CRBがある。このETFは、ソシエテ・ジェネラルの子会社であるリクソー(LYXOR)社が手がけるファンドであり、19品目の商品市場へ投資するもの。日本国内では楽天証券などで購入することが可能。
気になる信託報酬だが、楽天証券では「0.35%」と表示されている。他社のコモディティ系ETFと比較すると、運用報酬はお手頃だと思う。

<スポンサーリンク>

トラックバック

2週連続の米国金融不安報道...16日の日経は

市場では「9日は水素関連がテーマ。タイミングも良かった」(ジェフリーズ証券)との声が聞かれた。日精線が開発したのは。天然ガスや都市...

今日は、様子見かなぁ?

タイミングも良かった」(ジェフリーズ証券)との声が聞かれた。日精線が開発したのは。天然ガスや都市ガスなどから純度の高い水素を取り出...

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。