ハリウッド俳優のマット・ディモン、発展途上国の水資源の確保を支援する非営利団体を設立

(2009/07/16)

米国のニュースサイトBusiness Wireに掲載された記事によると、ハリウッド俳優であり、H2O Africa基金の共同創設者であるマット・ディモンが、WaterPartnersのゲイリー・ホワイトと共に、発展途上国に安全な水資源を供給するための非営利団体Water.orgを立ち上げたとのこと。

マット・ディモンによると、「15秒ごとに、水に起因する病気が原因で、発展途上国の子供が命を落としている」という。ディモンは、「アフリカやアジアの国々での深刻な状況を目の当たりして、安全な水資源の重要性を思い知った」。
彼らが運営するWater.orgのサイトでは、インドやケニア、パキスタンなどでの深刻な水事情に関するレポートを掲載しているほか、活動を支援するための一般からの寄付も受け付けている。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。