マイクロソフトとヤフーの提携話、今度こそ実現なるか!?

(2009/07/21)

マイクロソフトとヤフーの提携話。何度も何度も噂が浮上しては消え、投資家を期待と失望のループに巻き込んだかに見えた案件だが、ここに来て、ようやく正式に実現する(かもしれない)という報道が出た。同記事によると、ヤフー株の5%を所有する投資家、カール・アイカーン氏も、両社の歩み寄りに支持を表明しているらしく、米国Yahoo! Incの株価はすこぶる上昇した模様だ。

マイクロソフトといえば、つい先日に公開した検索サービス「Bing」が想定外のスピードで一般ユーザーの支持を集め、米国ではYahoo!の検索シェアを一時的に追い抜いたという報道も出ているほど。偶然の一致かどうかは分からないが、マイクロソフトにとって、ヤフーとの提携話を再開する際の強烈な追い風になった可能性は高いんじゃないか。検索エンジンは、マイクロソフト社製の使いやすい「Bing」、検索広告のインフラは元Overture・・・という組み合わせは、少なくともGoogleにとっては脅威になりえる可能性もある。

いっぽう、提案を受ける側のヤフーの社内でも、ジェリー・ヤン氏の後釜としてCEOに着任したキャロル・バーツ(Carol Bartz)氏をはじめ、検索ビジネスにおけるマイクロソフトとの提携を前向きにとらえている勢力も多いようだ。

はてさて、今回こそは相思相愛で提携話が実現するか、はたまた、いつものことのように、土壇場でなかったことになってしまうのか・・・いずれにしても、交渉結果の報道を待ちたい。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。