EMB ― 新興国の債券に投資できるETF

(2010/01/25)

新興国の債券に投資できるETFで、日本国内の証券会社で買える商品には、iSharesのEMB(JPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド)というのがあるようだ。

この上場投資信託が連動することを目標とするのは、JPモルガン・エマージング・マーケッツ・ボンド・インデックス・グローバル・コア・インデックス(JPMorgan EMBI Global Core Index)という長い名称(^ ^;)のインデックス。ファクトシートによると、この指数は、米ドル建てのエマージング市場債券のパフォーマンスのベンチマークとして開発され、投資適格国の政府/政府機関の発行する固定利付債と変動利付債が組み入れられているという。2010年01月21日現在の国別の構成銘柄を見てみると、ロシアが10.5%、ブラジルが10.4%、メキシコが8.61%、トルコが8.41%・・・などとなっている。

気になる信託報酬は、0.60%とやや高めだが、これだけの新興国の債券を購入・運用する手間を考えれば、いたしかたないかも・・・。

ちなみに、2010年1月末現在での新興国の債券への投資については、モーニングスター日本法人COOのの朝倉氏のブログ記事人気の新興国債券ファンドについて考えるあたりが参考になるかもしれない。氏によると、新興国債券への投資を検討する際には、基本として、次のような点に注意したほうがよいとのこと。

  • 分配金もしくは利回りが良いから、という理由だけで盲目的に飛びつかない
  • ギリシャやアイルランドへの信用不安が、信用力の低い新興国の債券に飛び火するリスクもじゅうぶん勘案する
  • 先進国の債券と組み合わせて長期にわたり保有することも、選択肢のひとつとして検討してみる(分散投資の効果も期待できるため)

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。