グロソブ、ギリシャ危機で運用成績にどのような影響が!?

(2010/02/24)

為替王さんの記事によると、日本最大と謳われ人気を集めた投資信託「グロソブ」(グローバル・ソブリン・オープン)が、ギリシャ危機に際して思わぬ損失を被っているそうだ。この記事によると、分配金の引き下げなどを契機としてグロソブから資金流出が始まり、焦った運用チームが、利回りを稼ぐためにギリシャ国債を買い増ししたのだという。

うーむ、グロソブといえば、安全な国債をメインの投資対象とする、安定した運用利回りの分配金が魅力のファンド、という触れ込みだっただけに・・・世の中、何が起こるか本当にわからない。厳しいものだ(^ ^;

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。