エクアドル、財政難で法人税の増税を検討・・・

(2010/03/11)

エクアドルが財政難に陥っている。BusinessWeekの記事によると、エクアドル政府は、同国の赤字予算を補填するために法人税の引き上げを検討しているようだ。ここ40年で最悪の干ばつの影響により、同国に不足している予算額は41億ドルにものぼり、増税される法人税は、この不足分を補充するために使われているとのこと。

エクアドルでは、今回の干ばつでダムでの水力発電が稼働しなくなり、深刻な停電も発生。これにより、政府は6億ドルを超える巨額の支出を余儀なくされたという。

外務省のエクアドル共和国紹介ページによると、同国の主要産業は、鉱工業(石油)、農業、そして水産業。石油、バナナなどを主に輸出している。
2007年のGDP成長率は1.9%となっており、隣国のブラジルのような経済成長の勢いはない感じか。しかし物価上昇率は高く、同年2007年には4.19%上昇している。エクアドルの経済成長率の推移を見ると、ここ20年ほどは山あり谷ありで、年によってはガクンと落ち込んでいる年もある。右肩上がりで成長してきたわけではなく、世界的な金融危機の発生した2008年の後半には、多額の債務を抱えてデフォルト宣言も発している。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。