日経平均株価が2025年に6300万円になる可能性も!?

(2010/10/26)

日経平均株価が2025年に6300万円になる可能性を指摘しているエコノミストがいるらしい。タイプミスを疑う人もいるかと思うけど、「6300円」ではない。「6300万円」です(^ ^; この大胆な予言を立てているのは、仏投資銀行ソシエテ・ジェネラルのディラン・グライス氏という方。グライス氏は、日本に残されている選択肢が日銀による国債を引き受けのみであることから、日本経済が極度のハイパーインフレにひた走るであろうと予測しているそうだ。

リンク先の記事によると、グライス氏がモデルとしているイスラエルでは、1980年代に「軍事費の増大と社会コストの資金繰りに苦しみ」、ハイパーインフレが起こった。同国のインフレ率は1980年代半ばに500%に達し、全株指数はこの間、なんと6500倍!に跳ね上がったのだという。

う~む、イスラエルの事例を見る限り、日経平均が6300万円という見通しも、あながち荒唐無稽なものとも言えなくなるわな(^ ^;
2010年10月26日現在の日経平均株価が、9,377円。これが1980年代のイスラエルと同程度のインフレに見舞われると仮定すると、9377(円)×6500(倍)=6095万500円!

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。