モンゴルの株式市場への投資、BD証券に口座開設するのもひとつの手段!?

(2010/11/18)

モンゴルの最大手の証券会社であるBD証券(BDSEC)のWebサイト、なんと、日本語にも対応している。このサイトには、同社の沿革や概要のほか、モンゴル証券取引所やそこに上場されている銘柄に関する解説も掲載されており、モンゴルの株式市場に投資する機会を探っている投資家には、格好の入門リソースになるかもしれない。

サイトでの説明によると、BD証券は、モンゴル証券取引所の委員として18年間にわたり活動している最大手の証券会社であり、「株式仲介業務、取引業務、引受業務や投資アドバイスなどの全サービスを行うモンゴル唯一の会社」であるという。BD証券がウランバートル(モンゴルの首都)に支店を開設し、営業を開始したのが1997年。2006年には、会社の形態を有限会社から株式会社へ変更し、モンゴル証券会社に上場。また、同年には、BD証券独自の指数「BDSインデックス」の算出も開始したという。

モンゴル証券取引所に上場されている銘柄の株式に投資するためには、証券会社を通して、モンゴルの証券決済中央保管機構に証券総合取引口座を開設することが必要とのこと。BD証券は、海外からもこの口座を開設するサービスを提供しているという。もちろん、日本からでも開設できる(株式を買い付ける資金は、銀行振込が便利です、とのこと)

個人口座を開設するために提出が求められるのは、なんと、口座開設申請書とパスポートのコピーのみ!?「これらの資料を弊社までファックス、あるいは電子メールでお送りください」と書いてある。なんとまあ、モンゴルの株式市場に投資するための下準備が手軽にできるものなんだなあ・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。