ユニクロの株価はどうなっている!?(定点観測)

(2010/11/23)

「ユニクロ(UNIQLO)」を展開する株式会社ファーストリテイリング(ファストリ)の株価は、2010年11月22日現在、13,250円。1株あたりの配当実績は230円で配当利回りは1.72%、PER(株価収益率)は22.10倍、PBR(純資産倍率)は4.77倍と、相対的には若干割高な水準?となっている。株価チャートを見ると、同社の株価は今年2010年の前半に最高値を付けているが、その後は下落に転じている。

ただ、株価が下落したといっても、ユニクロの業績は引き続き好調のようだ。
流通ニュースの報道記事によると、同社の61周年目を迎える「創業感謝祭」の初日である11月20日(土)に、この一日の売上高が、日本国内ユニクロ全店(直営店舗)とオンラインストアの売上高合計が、初めて100億円を超え、過去最高を記録したという。創業感謝祭では、ヒートテックなどのおなじみの人気商品が特別価格で販売され、主要な店舗では開店を待つ人々の行列ができたとのこと。

ちなみに、ファーストリテイリングのIRサイトの決算サマリー解説によると、2010年8月期には、同社は連結業績として増収増益を達成している。売上高は前期比で16.8%、営業利益は前期比24.2%、経常利益は前期比で18.2%と、業績は概ね好調だった様子だ。とくに海外事業について、営業利益が前期比で4倍に拡大したとのこと。

個人的には、ユニクロのウリは、「安くて質の良い衣料品」に尽きると思っている。実際、私の普段着は頭からつま先までユニクロづくし(笑)の日も多い。スラックスも、レングス×ウェストでサイズごとの品ぞろえが豊富で、すそ上げせずに買うことができるのでとても便利。非常に助かっておりますです、ハイ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。