ソニーの株価、業績はどうなってる!?(定点観測)

(2010/11/29)

2010年11月29日現在、ソニー(SONY)の株価は2,970円。PBR(純資産倍率)は1.03倍、配当利回りは0.84%で1株当たり配当額は実績で25円。1株当たり当期利益を示すEPSは、連結で-40.66(実績)となっている。

ソニーに関する大きなニュースといえば、先月10月に流れた、アップル(Apple)による買収憶測の報道。この記事によると、アップルの買収対象になるかも!?とウワサされた同社の株価は前日比で3%上昇したものの、「実現性は低いとの見方からその後は売り戻され」たという。ちなみに、米誌「バロンズ」の記事がこの観測の発端とのこと。
うーむ、この観測報道には確かにインパクトはあるけれども・・・この記事にもある通り、ソニーはGoogleとガッツリと組んでGoogle TVを採用したりしているし、アップルの傘下に入る可能性はあまり高くないんじゃないかな・・という気もする。まあ、何が起こってもおかしくない今日この頃ではあるけれども(^ ^;

ちなみに、同社が10月29日に発表した2010年度第2四半期 連結業績のお知らせ(PDF)をざっと読んでみると・・・
売上高は、為替の悪影響があったものの、音楽分野を除くすべての分野で増収。前年同期比4.3%増加の1兆7,332億円。営業利益は、とくにゲーム(PS3)やPCなどの分野での増収による売上総利益の増加、売上原価率の改善などが寄与し、前年同期比で103億円増加し、169億円。構造改革による事業の効率化(人員削減も含む?)も、黒字転換に貢献したとのこと。前年と比べると、業績は概ね好調だったようだ。

私、ソニーのオーディオ製品のファンです!

ソニーに関するポジティブな記事で印象に残っているものといえば、ちょっと前のものになるけど、「ウォークマン」がAppleのiPodのシェアを追い抜くかも?と報じられたこと。自分は、昔から、ウォークマンはもちろんのこと、ソニーのオーディオ製品を愛用していただけに、このニュースはちょっと嬉しかった。単なるイメージの問題だけなのかもしれないけれども、「音」に関することなら、ソニーの製品のほうが品質が高そう・・・と思ってしまうのだ。

こういう報道が、ソニーの株価にどのくらい影響したのかは知る由はないけれども。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。