1989年末の世界の時価総額ランキングに絶句・・・w

(2011/11/15)

以下のランキング、果たして何の順位だかご存じですか?

1位:日本興業銀行
2位:住友銀行
3位:富士銀行
4位:第一勧業銀行
5位:三菱銀行

なんと、驚くなかれ。このランキングは、1989年末における、世界の株式時価総額ランキングなのだそうだ。
タイプミスではないっす(^ ^; もう一度書きます。これ、1989年末における、世界の株式時価総額ランキングなのだそうです。Honma Noteの記事日本にも大型企業買収時代が到来に掲載されていた。

諸行無常。
ここににランキングされている銀行は、すべて他行と吸収合併しており、当時の体制のまま存続している銀行は一行もないのだ。たった20年前に、世界の時価総額ランキングの上位を占めていた銀行が、だ。

今(2011年)では、GE、ペトロブラス、アップルなどが時価総額上位としてランキングされ、これらの「注目企業」は、メディアも盛んに囃し立てて記事にされているけど・・・(^ ^; 「さすがGE」だとか、「欧米の企業に比べて日本の企業は・・・」だとかいうありがちなセリフが自分の口から出そうになったら(もしくは、口に出さなくとも、意識にちらっとでも上りそうになったら)、この、20年前のランキング表を、じっくりと見返してみようと思う。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。