金ETF、東証でも大証でも、早いところ上場しておくれ~

(2007/05/17)

金価格に連動するETF(上場投資信託)を大証が4月をめどに上場させる予定というニュースを今年1月に読んで、胸を躍らせた。さらに、東証が金価格連動の上場投信を検討しているという2007年2月4日付のニュースを読んで、さらにちょっとワクワク。東証は、「早ければ今夏の実現をめざす」とのこと。

で、4月がすぎて、5月になった。大阪証券取引所の上場投信一覧を見る限り、金ETFは見当たらない。リストアップされているのは、株価と連動する上場投信のみ。・・・う~む、私の理解が間違っていなければ、5月現在、大証は金ETFをまだ上場できていないことになる(涙)・・・。当然のことながら、東証の上場ETF一覧にも、「金」は載っていない。夏はまだ先さ~♪

金ETFは、ニューヨーク証券取引所やシンガポール取引所などの海外市場では、すでに活発に取引されている人気商品だ。例えば、最大規模の銘柄「Street TRACKS Gold」は、大量の資金を保有する年金基金の流入などを受け、上場以来の2年間で急激に成長しているらしい。

ETFなら、小口単位で売買できて、流動性も高い。金の先物市場価格とほぼ連動するから、インフレヘッジとしての分散投資にもなる。「商品に投資をしたいのだけれど、商品先物取引の知識はぜんぜん足りない。かといって、商品ファンドは最低投資額が高すぎて手が出ない」・・・そんな私のようなしがない一般庶民には、魅力的な金融商品と思う。それだけに、日本国内でも早期の上場が望まれるのだけれど・・・いろいろなしがらみで、コトが上手く運んでいないのかしらん??

あなたが、このエントリー記事を公開した2007年5月中旬に当ブログを読んでくれているのであれば、この「もどかしさ」を私と共有していただけるんじゃないだろうか(笑) もし、ちょっと時間が経過してからこのページを読んでいる場合は、すでに上場がめでたく承認されているかもしれない。その場合はあしからず、共に喜びを分かち合おうではありませんか・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。