日本企業の格付けはどうなってる!?(定点観測)

(2012/06/17)

日本の主要な企業について、2012年6月17日現在の格付けを俯瞰的にチェック。個人的なメモとしてまとめてみる。
なお、今回、参照するソースは、S&P(スタンダード&プアーズ)社の信用格付け也。

  • キヤノン:長期AA/短期A-1+
  • 旭硝子:長期A/短期A-1
  • イオン:長期A-
  • 新日本製鉄:長期BBB+
  • 住友商事:長期A/短期A-1
  • セブン&アイ・ホールディングス:長期AA-
  • 東京電力:長期B+/短期B
  • 武田薬品工業:長期AA-/短期A-1+
  • ソニー:長期BBB+/短期A-2
  • 東芝:長期BBB/短期A-2
  • トヨタ自動車:長期AA-/短期A-1+
  • 日産自動車:長期BBB+/短期A-2
  • パナソニック:長期A-/短期A-2
  • 日立製作所:長期BBB+/短期A-2
  • ホンダ:長期A+/短期A-1
  • 三井物産:長期A+/短期A-1
  • 三菱商事:長期A+/短期A-1
  • リコー:長期A/短期A-1
  • 東日本旅客鉄道 (JR東日本):長期AA-
  • ファーストリテイリング:長期A
  • 野村證券:長期A-/短期A-2
  • 三井住友銀行:長期A+/短期A-1
  • 三菱東京UFJ銀行:長期A+/短期A-1

・・・とまあ、ぜんぶ書き出しているとキリが無いけど(^^;
ざっとチェックしたところでは、このようになっている。

傾向としては、資源高で潤っていて業績として過去最高益も出している総合商社が軒並み高い格付を得ているほか、日本国債を中心とした低リスクの事業経営(?)であまり損失を出していない金融機関も健闘しているように見える。一方で、ソニーや東芝、日立製作所などの電機メーカーはやはり苦戦している様子だ。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。