イオンがREIT設立を検討中!?

(2012/06/24)

小売業界の大手イオンが、不動産投資信託(REIT)の設立を検討しているとの報道が出ている。

リンク先のロイターの記事によると、同社の2012年2月末の有利子負債は8,121億円に達しており、前年度末より1,690億円も増加したという。ショッピングセンターなどを出店する際にREITを活用することで、借金をこれ以上膨らませることなく、出店のための資金調達を行うことが可能となるそうだ。この不動産投資信託は、年内にも東京証券取引所への上場を計画しているとのこと。

イオンの財務体質の概要を把握するには、同社のIRサイトの要約財務データ5年間の推移を見るのが手っ取り早いかも。
「資産」の推移を見てみると、金融子会社を除く有利子負債額について、2008年度は約4,800億円であったのに対して、2012年度には、ロイターの記事にある通り、8千億円代にまで増加している。ちなみに、自己資本比率は、2008年度は24.2%であったのに対して、2012年度は23.1%。およそ1%ほどの低下だ。

ちなみに、イオンのここ数カ月の業績の分析については、ブログ『食品スーパーマーケット最新情報』さんの記事イオン、2012年2月、中間、減収増益!に詳しいので、ぜひ、こちらもご覧ください。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。