エンパイア・ステート・ビルディングからの収益、今後3年で2倍以上に増加と予想!?

(2012/08/14)

ロイターの記事(英文)によると、ニューヨークの観光名所であるエンパイア・ステート・ビルディングを所有するオーナー企業が、同ビルから得られる収益(家賃収入のこと?)が今後3年間で倍以上に増加すると見込んでいるそうな。

以下、個人メモとして抄訳をば。

エンパイア・ステート・ビルディング(The Empire State Building)のオーナー企業である不動産会社エンパイア・ステート・リアルティ・トラスト(Empire State Realty Trust)は、有価証券報告書の中で、同ビルから得られる収益が今後3年間で現在の2倍以上に増加するとの予測を記載している。

同報告書によると、エンパイア・ステート・ビルディングから得られる営業純利益は2015年6月に1億61千万ドルまで増加すると見込まれており、売上高は2億6千200万ドルまで増加すると見込まれている。
同社は、2026年までの収支予測を報告書に盛り込み、SEC(証券取引委員会)へ提出している。

今回の収益の査定評価(デュー・デリジェンス)は、独立した第3者によって、DCF法(discounted cash flow method)にて試算されたものだという。

この記事の中でも言及されているが、エンパイア・ステート・リアルティ・トラストはIPO(新規株式公開)を計画しており、10億ドル相当のクラスAの普通株を株式市場で売り出すことを予定しているが、複数の投資家から、企業価値だか、株式の価値の算定が不服として訴訟を起こされている模様だ。

この記事を読む限り、オフィスビルとしての家賃収入は順調に増えているようだし、なによりも、エンパイア・ステート・ビルディングはニューヨークのシンボルと言ってもよい重要なランドマーク。IPOが予定通り順調に実施されることを願うが・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。