アイエヌジー、日本の生命保険事業から撤退する予定!?

(2012/09/08)

オランダの総合金融機関ING(アイエヌジー)グループが、日本の生命保険事業から撤退するそうだ。欧州の銀行業務へ経営資源を集中させるためのリストラの一環で、日本の生命保険事業は香港の実業家グループに売却される予定だという。

アイエヌジーは1986年から日本で生命保険ビジネスを展開しており(当時はINGの前身であるナショナーレ・ネーデルランデン生命保険会社の日本支店として事業を開始)、1999年には、日本で初めて変額年金保険(運用実績によって受け取れる年金額や解約返戻金が変動する年金保険)を発売した。その後、2008年の世界的な金融危機で株式市場が低迷したことから、変額年金保険の販売を一時的に停止したそうだ。

2012年9月現在、同社が取り扱っている保険商品には、一時払変額年金保険「スマートデザイン555」、終身入院保険「スマートビジョン」、法人向けの収入保障保険「ディフェンド(Defend)」などがある。

ちなみに、INGグループの株式はニューヨーク証券取引所に上場されている。同社の株価は、2012年9月7日現在で8.49ドル。株価チャートを見ると、同社の株価は2003年から2008年までウナギ登りに上昇しておよそ45ドルの高値をつけたものの、その後は、金融危機で急落。2009年にはおよそ5ドルまで下落している。2007年の好景気の時に同社の株式を高値掴みした投資家は、手ひどい損失を被ったケースもありそうだ・・・。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。