ライフネット生命保険の保有契約数、14万件を突破!?

(2012/09/11)

ライフネット生命保険が保有契約14万件を突破したそうだ。ネット専業で生命保険ビジネスを手掛ける草分け的存在である同社は、今年6月にスマートフォン経由で保険商品の申し込みができるサービスを生命保険会社としては初めて開始。週刊エコノミスト「専門家が選ぶお勧め商品ランキング」の死亡保障部門で一位を獲得するなど評価も高く、契約者を順調に獲得してきたのだという。

ライフネットは、今年2012年3月にマザーズへの上場も果たしている。

2012年9月11日現在、同社の株価は1,036円。上場直後につけた1300円を上回る株価からは下がっているものの、株価は今のところ順調に推移しているように思える。というか、同社の場合、いまは日々の株価に一喜一憂する局面ではないとは思うけど。

2012年3月期の単独決算を見てみると、売上高が37億円あるのに対して、経常利益がマイナス6億8千万となっている。
これは別に、同社の事業が構造的に赤字体質というわけではなく、事業を拡大するための投資を積極的に行っているためだ。

ライフネットが赤字の状態で上場を敢行した理由については、ライフネット生命保険はなぜこのタイミングで上場したのか?というブログ記事での論考が参考になる。
同記事によると、ライフネットのIPO戦略は、「事業成長のドライブを急ピッチで掛けにいく」ための攻めのIPOであり、とくにTVCM広告宣伝費へ積極的に投資するマーケティング戦略を実行するための資金調達の側面が強い、とのこと。
確かに、実店舗での販売窓口を持たないネット専業の同社としては、マスへリーチしやすいTVCMは、効率よく顧客を集めるための最適な手段だったと言えるかもしれない。

ちなみに、同社と競合するネット生命保険として、ネクスティア生命保険がある。
フランスの生命保険グループAXA(アクサ)のメンバーカンパニーであり、保険商品の販売をインターネットに特化することで人件費などのコストを圧縮し、割安な保険料を実現している。

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。