リートの利回り、今後どうなる!?

(2012/09/19)

J-REITの予想利回りのランキングを不動産投信情報ポータルでチェックできるのをご存じだろうか?このページでは、予想利回りの高い順に投資法人がリストアップされており、各法人ごとの証券コード、予想利回りのほか、ファンドの概要、保有する物件一覧などの情報をすばやく入手して比較することができる。

ちなみに、2012年9月19日現在の利回りランキングは以下のようになっている。

  1. ジャパン・ホテル・リート投資法人(8.34%)
  2. MIDリート投資法人(7.54%)
  3. ケネディクス不動産投資法人(7.18%)
  4. ケネディクス・レジデンシャル投資法人(7.16%)
  5. プレミア投資法人(7.00%)
  6. スターツプロシード投資法人(6.61%)
  7. いちご不動産投資法人(6.56%)
  8. アクティビア・プロパティーズ投資法人(6.44%)
  9. 阪急リート投資法人(6.38%)
  10. ユナイテッド・アーバン投資法人(6.32%)

上位5位までのリートの利回りが軒並み7%を超えているのにも驚かされるが、その中でも、一位のジャパン・ホテル・リート(JHR)の8.34%がダントツで高い。

利回りランキング1位!のジャパン・ホテル・リート投資法人とは?

リンク先のホームページに掲載されている説明によると、同法人は東京証券取引所に上場されたJ-REITの中で唯一、ホテル特化型のファンドであり、今年2012年4月1日に、日本ホテルファンド投資法人とジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人との合併により誕生した法人とのこと。2012年12月期の予想分配金は、1,341円。

ポートフォリオとしては、オリエンタルホテル東京ベイ、ホテル日航アリビラ、ホテルサンルート新橋、ドーミーイン水道橋などのホテルを保有しているようだ。
保有している物件一覧をパッと見た感じだと、ビジネスホテル系が多いのかしらん?

ちなみに、ジャパン・ホテル・リートについて、株式会社格付投資情報センター(R&I)はBBB+と格付している(2012年4月現在)
Yahoo!ファイナンスで株価チャートも見ることができる。同法人の株価は、2008年の金融危機で急落したものの、その後は少しずつだが回復しているようだ。

割安な株価でリートに投資できれば、利回りは良くなる?

一般論としては、良質なリートを、株価が割安な時期(つまり、多くの投資家が不動産投資信託を購入したがらない時期)に買って仕込んでおけば、賃料による利回りは相対的に高い利率で安定するはず(・・・と個人的には理解してますが、もし間違ってたらご指摘くださいまし)

ただ、言うは易しで、これはけっこう難しそうだ(^ ^;

下降トレンドが継続するタイミングでリートを買ってしまうと、不動産市場がさらに下落して損失を被り、失敗してしまう可能性もある。
一方で、景気が回復するなどして不動産市場に活気が戻ってきた(例えば、2010年の東証REIT指数の上昇など)ときには、リートの価格は高くなるから、結果として利回りは低くなってしまう。

つまるところ、「さらなる値上がりが容易に予測でき、利回りも高くて、リスクが低い金融商品などめったに見つかるものではない」という投資の基本を肝に銘じておくことが、リート投資においても大切なのかもしれない

<スポンサーリンク>

トラックバック

«  | このブログのトップへ戻る |  »

※このブログは個人の情報収集を目的として運営されているものであり、投資アドバイスや特定の金融商品の購入を推奨する意図はありません。その内容から生じるいかなる損失に対しても責任は負いかねます。投資は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク


カテゴリ

リンク

RSSフィード

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご覧ください。